【マゾなのか?奴隷なのか?】残業をする人は自分を大事にしていない

【マゾなのか?奴隷なのか?】残業をする人は自分を大事にしていない 自己啓発

働き方改革により、残業は減っていますね。
現在勤める会社では、残業が厳しく管理されるようになっています。

でも、日本ではいまだに残業をする人が多くいます。
もちろん、残業しなければならない風潮を持つ会社の存在も理解しています。

実際、私は1ヶ月に300時間の残業をしたことがあります。
それは、ベンチャー企業でした。
まあ、地獄でしたね。

でも、あえて言います。
残業をする人間は自分を大事にしていない」と。

本記事の内容

  • 残業をする人は自分を大事にしていない
  • 人生の軽視⇒時間の軽視⇒残業
  • 「仕事だから仕方がない」への反論

それでは、上記に沿って説明を行っていきます。

残業をする人は自分を大事にしていない

まず、誤解がないように言っておきます。
好き好んで残業をする人は、ここでは対象にしていません。

嫌々残業をする人のことが対象です。
「お金のために仕方がない」と思う人も対象です。
サービス残業(無償労働)をする人は、対象のど真ん中になります。

もうウンザリしてきます。
「嫌々」、「仕方がない」、「サービス残業」、「無償労働」・・・
このような後ろ向きな言葉は大嫌いです。

後ろ向きで働いているとは、後ろ向きで生きているということです。
そのような生き方が、自分を大事にしていると言えるでしょうか?
絶対に言えませんよね。

生きていく上で精神面(メンタルヘルス)は、とても重要な要素です。
個人的には、最も重要だと考えています。

また、残業は精神だけではなく、肉体も蝕んでいきます。
残業しただけ、睡眠時間が減りますよね。
睡眠時間とまで言わなくても、リラックスする時間が減ります。

遅く帰宅したら、自炊もできません。
コンビニ弁当や外食で適当に済ませてしまいます。
どう考えても、自分の体を大事にしているとは言えません。

以上より、残業が人生に悪影響を与えることがわかりました。
それなのに、残業をする人が存在し続けます。
その理由を以下で説明します。

人生の軽視⇒時間の軽視⇒残業

答えは、人生を軽視しているからです。
自分の人生というものを大事にしていません。

人生とは、時間の集合体です。
よって、人生の軽視は時間の軽視と同じです。

時間を軽視しているから、残業をしてしまうのです。
時間を大事にしていたら、残業なんてやりません。
もっと言えば、時間がもったいなくて残業なんてできません。

早く帰って、自分のやりたいことをやります。
それは趣味であったり、副業だったり、家族サービスだったりでしょう。

また、人生を軽視しているからこそ、自分の精神と肉体に気を使わないのです。
人生を大事にしていたら、精神と肉体には常に気を配ります。

以上より、次ぎのことが言えます。
残業する人間は人生を軽視している

そうは言っても、「仕事だから仕方がない」という意見があるでしょう。
これも人生を軽視しているからこその意見です。
以下では、この意見への反論を行います。

「仕事だから仕方がない」への反論

「仕事だから仕方がない」という意見は、思考停止です。
仕事のために人生があるのでしょうか?

絶対に違います。
人生のために仕事があるのですよ!

冒頭でも触れましたが、残業を仕方なくやっている人が多くいます。
実際、私も月300時間の残業をしたことがあります。

でも、私はこのときも人生を軽視していませんでした。
自分の心と対話して、人生を最優先にしていました。

その経緯は、次ぎの記事に書いています。
興味がある方は、どうぞご覧下さい。

私は仕事だからと言って、「仕方がない」と諦めませんでした。
「あきらめたらそこで試合終了ですよ」なのですよ。

私たちは、奴隷でも何でもありません。
自分の意思で仕事を辞めることができるのです。

「仕事だから仕方がない」とは、正確には以下の内容になります。
「仕事だから、たった一度の人生を無駄にしても仕方がない」

どうですか?
恐ろしいですよね。
こんな恐ろしいことを思考停止で言うことは、もう止めましょう。

タイトルとURLをコピーしました