まだキーワードプランナーの雑な検索ボリュームで我慢しているの?

まだキーワードプランナーの雑な検索ボリュームで我慢しているの? SEO

キーワードの検索ボリュームはどうやって調べていますか?
普通は、キーワードプランナーですよね。

ちょっと前なら、ウーバーサジェスト(Ubersuggest)だったかもしれません。
でも、今は実質有料になってしまいました。

だから、キーワードプランナーを使っている人が多いと思います。
正直、キーワードプランナーは使えないと思いませんか?

検索ボリュームの表示がこれですよ(無償の場合)。
10~100
100~1000

ちょっと雑すぎませんかね。。。
あと、キーワードプランナーの画面UIも使いにくいです。

そこで、今回紹介するのは「Keyword Surfer(キーワードサーファー)」です。
このKeyword Surferなら、すべての問題を解決します。

本記事の内容

  • Keyword Surferとは?
  • Keyword Surferのインストール方法
  • Keyword Surferの使い方(データ照会)
  • Keyword Surferの使い方(データ出力)
  • Keyword Surferについてのまとめ

それでは、Keyword Surferに関して解説を行っていきます。
この記事を読めば、Keyword Surferをインストールして使いこなすことが可能となります。

Keyword Surferとは?

形式(Webサービス?ソフト・アプリ?)

キーワードプランナーやUbersuggestは、Webサービスです。
それとは異なり、インストールして使う形式です。

インストールと言っても、Chromeにインストールします。
いわゆる、Chrome拡張機能というものです。

そのため、Chromeを使っていない人はこれを機会に使ってください。
それぐらい、便利なツールです。

機能

データ照会機能

  • キーワードの推定月間検索ボリューム
  • サイトの推定月間トラフィック数
  • ページ内の単語数
  • ページ内の完全一致キーワード数
  • 関連キーワードとその推定月間検索ボリューム数

数値確認機能に加えて、CSV出力機能が用意されています。

Keyword Surferのインストール方法

とても簡単です。
1分もかかりません。

では、インストールを解説してきます。
まずは、このページへアクセスします。

Keyword Surferの画面

「chromeに追加」ボタンをクリックしてください。

Keyword Surferのインストール確認

「拡張機能を追加」ボタンをクリック。
そうすれば、インストールが始まります。

Keyword Surferのインストール確認

インストールが成功すれば、アドレスバーの横に上記アイコンが表示されます。

以上でインストール完了です。
簡単でしたね。

Keyword Surferの使い方(データ照会)

インストールと同じように簡単です。
今まで通り、Googleで検索するだけです。
もちろん、ブラウザにはChromeを使ってください。

「検索ボリューム」で検索した結果です。

Keyword SurferのChromeでの検索結果画面

赤下線を引いた部分が、新たに追加されています。
Googleの拡張機能のため、このような乗っ取り行為が可能です。

下線の箇所は以下の4つです。

  1. 検索ボックス上の日本国旗とドルアイコン
  2. 検索結果ページタイトル下の虫眼鏡・本・鍵アイコン
  3. 画面右上部分の「Keywords ideas」
  4. 画面右下部分の「Correlation charts」

それぞれを説明していきます。

1.検索ボックス上の日本国旗とドルアイコン

キーワードプランナーで「検索ボリューム」を調べた結果です。
これと比較すれば、わかりやすいです。

キーワードプランナーで「検索ボリューム」を調べた結果

日本国旗アイコン

日本国旗アイコンの横の数値は、キーワードの推定月間検索ボリュームです。
キーワードプランナーだと、「1000~1万」です。
そして、これの正確な数値は、「2900」ということですね。

ドルアイコン

ドルアイコンの横の数値は、キーワードで広告に出した場合の平均クリック単価です。
この数値は、バラバラです。

次は、キーワードプランナー上での平均クリック単価に関する説明の一部です。
「お客様が指定した地域と検索ネットワークの設定に基づいたデータが表示されます。」

2.検索結果ページタイトル下の虫眼鏡・本・鍵アイコン

Keyword Surferを利用した場合の表示[虫眼鏡、本、カギ]

虫眼鏡アイコン

虫眼鏡アイコンの横の数値は、サイトの推定月間トラフィック数です。
keywordfinder.jpには、月間164,543のトラフィックがあるということですね。

あくまで、このトラフィックとは検索によるものです。
SNSやブックマークなどからのトラフィックは、含んでいません。

本アイコン

本アイコンの横の数値は、ページ内の単語数です。
形態素解析により、単語数を算出しているのでしょう。

形態素解析については、次の記事で説明しています。
SEOに形態素解析を利用して他と差をつける【努力バカからの脱却】

競合調査の際には、参考にできます。
単語数が多いとSEOに有利なのかどうかなど。

鍵アイコン

鍵アイコンの横の数値は、ページ内の完全一致キーワード数です。
別の言い方をすれば、該当ページにおける検索キーワードの数となります。

この場合であれば、「検索ボリューム」が5個あるということですね。
この値も競合調査の際に利用できそうです。

3.画面右上部分の「Keywords ideas」

検索キーワードの関連キーワードとその推定月間検索ボリューム数です。
初期設定では、5個まで表示されています。

Keyword Surfer上のKeywords ideas

最大で20個まで一度に表示可能です。
また、それぞれの項目で表示順序(昇順、降順)を変更できます。

  • Keyword
  • Similarity
  • Volume

なお、次は検索結果の画面下部で表示される関連キーワードです。

Googleの検索結果における関連キーワード

状況に応じて、それぞれ(表示順序の変更を含む)を使い分けた方がよさそうです。

4. 画面右下部分の「Correlation charts」

検索結果の各項目における相関図を表示しています。
各項目とは次の3つ。

  • Traffic(サイトの推定月間トラフィック数)
  • Words(ページ内の単語数)
  • Keywords(ページ内の完全一致キーワード数)

Traffic

上位10ページ(ドメイン単位)におけるトラフィックの相関図です。
1ページに20個表示する設定にしても、上位10ページの相関図しか作成しません。

最大で10ページを対象とする仕様なのでしょう。
この仕様は、WordsやKeywordsでも同じです。

よって、Keyword Surferを利用する場合は、ページあたりの検索結果数を10個に設定する必要があります。

Words

上位10ページにおけるページ内の単語数の相関図です。
単語数を取得できないページもあるようです。
ページ側で弾いている可能性がありますね。

Keywords

上位10ページにおけるページ内の完全一致キーワード数の相関図です。
この場合は、1ページ目なので上位1位~10位までのページを対象としています。

Keyword Surferの使い方(データ出力)

次の形式のデータをCSV出力できます。
検索キーワードとそのキーワードの推定月間検索ボリュームですね。

Keyword,Search volume検索ボリューム 目安,110検索ボリューム 調べ方 無料,170検索キーワード 順位,260検索ボリューム google,260関連キーワード 検索,320
タイトルとURLをコピーしました