コロナで加速する学生の安定志向

転職

新型コロナウィルスの影響により、社会が混乱しています。
その混乱は、企業にも多大な被害を与えています。

企業に関する話題は、リモートワーク、在宅勤務、自宅待機などで溢れています。
社会人にとっては、大きな地殻変動でもあるので当然ですね。

また、新型コロナウィルスの影響は、学生にも大きな影響を与えることになります。
どういう影響か?

学生の安定志向にさらに拍車がかかります。
拍車がかかるということは、コロナ以前にも安定志向が進んでいたのです。

2020年卒、今年の4月からの新社会人へのアンケート結果でそれがわかります。
アンケート結果

コロナで加速する学生の安定志向

そもそも、学生の求める安定とは何でしょうか?

[安定] 激しい変化がなく、物事が落ち着いた状態にあること

業績に大きな変化がなく、毎年同じような数字を出し続ける企業ということですね。
簡単に言えば、大企業と言えそうです。

あと、公務員も激しい変化がありませんね。

安定を求めて、大企業や公務員に学生が群がることでしょう。
これが加速するということですね。

大企業や公務員に学生が群がる理由

なぜ、大企業や公務員が人気になるのか?

みんな不安だからです。
不安だから、安定した大企業や公務員に群がるのです。

では、その不安はどこから来ているのか?
その理由は、予想外の出来事が発生し過ぎていることです。
東日本大震災、巨大台風、そして今回の新型コロナウィルス。

これだけ、予想外のことを見せ付けられてきた若者たちは、安定を求めるに決まっています。

何より、新型コロナウィルスは、すべての日本人が影響を受けています。
他人事ではないのです。

東日本大震災や巨大台風は、局所的なものでした。
影響のない人には、テレビの世界で終わったことでしょう。

しかし、新型コロナウィルスは、すべての人にとって自分事となるのです。
まだまだ、終息も見えません。

こんな状況だと、安定を求める気持ちもさらに強まります。

まとめ

二極化が生じているのでしょうね。

貧富の差がますます大きくなるように、学生の意識も二極化が進んでいるのでしょう。

SNSでは、意識の高い学生の声が目立ちます。
意識の高い学生は、学生のうちから起業やビジネスへの参加をしています。
だから、最近の学生は「安定など求めていない」と思いがちです。

しかし、サイレントマジョリティは「安定」を求めていたのです。
この物言わぬ多数派の学生は、ますます「安定」を求めていくと思います。

日本全体、いや、世界全体が不安に覆われています。
こんな状況では、安定を求めるのが当然です。

逆に、この状況をチャンスに捉える学生もいるでしょう。

最後になりますが、一つ懸念があります。
安定の対象となった大企業自体が、ヤバイことになる可能性は大いにあります。

そもそも、「自動運転によりトヨタがヤバイ!!」と言われるような時代です。

何が起きても変じゃない、そんな時代さ

タイトルとURLをコピーしました