ストレスに弱いあなたはラッキーです!!【メンタルヘルスを守りましょう】

ストレスに弱いあなたはラッキーです!!【メンタルヘルスを守りましょう】 自己啓発

自分のことをストレスに弱いと思いますか?
弱いと自覚があるなら、あなたはラッキーです。

ストレスに弱いことがラッキー?
何を言ってるのかと思うかもしれません。
そう思うのが、当然でしょう。

でも、そうじゃないんです。
このことについて、説明していきます。

「お前にそれを語る資格はあるのか?」と思う方もいるでしょう。
その質問には、「YES」と回答します。

私自身、ストレスにとても弱い人間です。
それを理解しています。
だからこそ、現在はストレスを感じずに生活ができています。

本記事の内容

  • ストレスに弱いことはラッキーである
  • ストレスはあなたを護衛している
  • ストレスに弱い私の実例

それでは、上記に沿って説明していきます。

ストレスに弱いことはラッキーである

ストレスに弱いことは、マイナスに思われています。
しかし、これは逆です。
むしろ、プラスのことです。

なぜ、プラスなのか?
それは、最悪のケースにならずに済むからです。

そもそも、ストレスに弱いとどうなると思いますか?

  • 胃が痛くなる
  • 円形脱毛症になる
  • うつ病になる

一般的には、このようなイメージでしょうか。
何かしら体に兆候が出るという感じですね。

上記で言う最悪のケースとは精神的に病むことです。
鬱病などのメンタルヘルスが、崩壊することを指しています。

精神的に病むと、なかなか復活はできません。
何人かメンタルが崩壊した人を見てきました。

結局は、元通りに復活した人が周囲にはいません。
復活する人がいるのは、理解しています。
でも、なかなか厳しい道のりです。

「ストレスに弱いことはラッキーである」ことの理由を以下で解説します。

ストレスはあなたを護衛している

ストレスに弱いと、すぐに体に変調が出ます。
私の場合は、胃痛です。

胃痛には、何度かなったことがあります。
学生の時、社会人初期の頃ですね。

胃痛は、胸の中心部分に穴が空いたような感覚でした。
思い出すだけで、嫌になります。。。

でも、そのような胃痛などの体の変調が、あなたを助けてくれるのです。
ストレスは、あなたを護衛していると言えます。
また、危機察知能力が高いとも言えるでしょう。

だから、ストレスは決して敵ではありません。
逆に、ストレスは味方なのです。

そうであるならば、ストレスに強いと護衛がいないことになります。
もしくは、護衛が守ってくれていません。

ストレスに強いと、気付いたときには敵に囲まれていることになりかねません。
どんなに強い戦士でも、大群に囲まれたらアウトですよね。

だから、ストレスに強い人・耐性のある人が、精神的に病みやすいと思います。
うつ病になる人の特徴に次ぎのものがあります。

  • 責任感が強い
  • 真面目

責任感が強いとは、ストレスに耐えて我慢できる人とも言えますよね。
真面目とは、ストレスに耐えてでも面目を保つ人だと言えるでしょう。

だから、根本はストレスに強いかどうかだと考えています。
根本とは、うつ病になる人の特徴に関してです。

以上より、ストレスはあなたを護衛していると言えます。
護衛してくれているから、「ストレスに弱いことはラッキーである」となります。

ストレスに弱い私の実例

私は、ストレスに弱いから、胃痛になったはずです。
ストレスに強いと、胃痛などを感じないかもしれません。
胃痛を感じても薬でごまかしている可能性もあります。

私のケースで言えば、最悪の状態は胃痛です。
胃痛になった時点で、もうすべて休みます。
場合によっては、逃げます。

実際にそのようにしてきました。
会社から逃げたケースを以下の記事に書いています。

精神的に病むことを極端に避けています。
だから、その原因となるストレスからは、とにかく逃げるようにしています。

ただ、戦闘モードになる場合のストレスは別ですけどね。
これを語ると長くなりますので、また別の記事で書きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました