ネットショップBASEの始め方【無料ECサイトの作り方】

ネットショップBASEの始め方【無料ECサイトの作り方】 社会

コロナの影響により、改めてネットショップが注目されています。

もともと、ネット重視であった店舗はECサイトを長年運営しています。
これには、楽天やAmazonなどの利用も含みます。
ECが、普及している印象を受けますよね。

では、実際のデータを見てみます。
6.22%(2018年)

これは、日本におけるECの普及率です。
アメリカは約10%、中国は15%以上です。

ECの普及率に関しては、以下の資料を参考にしています。
平成 30 年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)

イメージでは、ECが普及しているように感じます。
でも、実際の数値では、ECが普及しているとは言えません。

そうであれば。今後ECサイトが増える可能性がかなり高いです。
コロナが、ECの普及を加速させるというのもあるでしょう。

ここで、この記事の本題です。
「とにかく、ECサイトを始めたい」という方に向けての内容です。
ECサイトを無料で簡単に始めたいという欲張りの方向けです。

本記事の内容

  • BASEでショップの登録・公開

この記事を書いている私は、過去にECサイトを何度も作成しています。

  • ECサイトの運営経験(「○○ 通販」で検索1位も取得)
  • 副業サラリーマン(副業だけで2000万円以上稼いできた)
  • 転職6回経験(ECにはサイト作成、運営、コンサルなどで関与)

上記の経験を持つ視点から、BASEの始め方に関して説明していきます。
BASEの始め方マニュアルという側面が大きいですけど。

BASEでショップの登録・公開

まずは、BASEのサイトにアクセスします。

BASE(ネットショップを無料で簡単に作成)トップ

トップ画面に次の登録フォームが、表示されています。

BASEアカウント登録フォーム

以下の4つを入力します。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ショップURL
  • ドメイン(選択)

メールアドレス

ここで入力したメールアドレスが、ログインの際に必要となります。

パスワード

パスワードには、半角英数6文字以上を入力します。

ショップURL

ショップURLには、ショップを表す文字を入力します。
基本的には、好きな文字を入力してください。

ただし、半角英数を3文字以上12文字以内で入力します。
「_」、「-」などは入力できません。

ドメイン

ドメイン部分は11種類から選択します。

BASEアカウント登録フォーム上のドメイン選択

2020年5月10日時点では、次の11種類が選択可能。

  • thebase.in
  • base.shop
  • shopselect.net
  • base.ec
  • theshop.jp
  • handcrafted.jp
  • fashionstore.jp
  • buyshop.jp
  • supersale.jp
  • official.ec
  • kawaiishop.jp

例えば、以下のように選びます。
手作り製品を販売するなら、handcrafted.jp
洋服を販売するなら、fashionstore.jp

こだわりがなければ、初期選択されているthebase.inを選択しておきましょう。

4つの項目を入力したら、「無料でネットショップ」をクリック。
エラーがなければ、ショップアカウントの登録完了画面が表示されます。

BASEショップアカウント登録完了

同じ画面内に誓約書が表示されています。

BASEショップアカウント登録完了の誓約書

誓約書の全文は以下。

私(個人・法人・団体)は、以下の誓約事項のいずれかを満たさないと認められることが判明した場合又はこの表明・確約が虚偽の申告であることが判明した場合は、会員登録の拒否もしくは会員資格の一時停止又は除名を受けても異議を述べないものとします。これにより損害が生じた場合でも、一切私の責任とし、貴社に損害賠償請求等は行いません。
反社会的勢力でないことの表明・確約に関する誓約
1.私(個人・法人・団体)は、現在又は将来にわたって、次の各号の反社会的勢力のいずれにも該当しないことを表明・確約するものとします。
(1)暴力団
(2)暴力団員又は暴力団員でなくなってから5年を経過しない者
(3)暴力団準構成員
(4)暴力団関係企業
(5)総会屋等
(6)社会運動等標ぼうゴロ
(7)特殊知能暴力集団等
(8)その他前各号に準ずる者及び団体
2.私(個人・法人・団体)は、現在又は将来にわたって、前項の反社会的勢力と次の各号のいずれかに該当する関係も有しないことを表明・確約するものとします。
(1)反社会的勢力によって、その経営を支配されている関係
(2)反社会的勢力がその経営に実質的に関与している関係
(3)反社会的勢力を役職員や顧問としたり、反社会的勢力に紛争解決の依頼や相談をしたりするなど、反社会的勢力を利用していると認められる関係
(4)反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関係
(5)役職員又は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係
3.私(個人・法人・団体)は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを表明・確約するものとします。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計又は威力を用いて当社の信用を棄損し、又は当社の業務を妨害する行為
(5)換金を目的とする商品の販売行為
(6)合理的な理由なく、商品の販売を行う者(代表者及びその関係者を含む)が保有するカード等を使用する、本利用規約にかかる信用販売行為
(7)その他前各号に準ずる行為
特定商取引法に定める各種行為の表明・確約に関する誓約
1.私(個人・法人・団体)は、現在又は将来にわたって、次の各号のいずれにも該当しないことを表明・確約するものとします。
(1)直近5年間に特定商取引法による行政処分または消費者契約法違反を理由とする敗訴判決を受けていないこと
(2)特定商取引法第2条に定める「訪問販売」「電話勧誘販売」を行わないこと
(3)特定商取引法第33条に定める「連鎖販売取引」を行わないこと
(4)特定商取引法第41条に定める「特定継続的役務提供」を行わないこと
(5)特定商取引法第51に定める「業務提供誘因販売取引」を行わないこと

内容を確認して、(上記の「誓約書」に同意する。)にチェックします。
そして、「上記に同意する」ボタンをクリック。

BASE開設ステップその1

指示にあるように、メールを確認します。
もちろん、アカウント登録時に入力したメールアドレスのメールです。

次のようなメールが、届いていますね。
※●●●●●●●●●●●●●はランダムな文字列

このたびは、Eコマースプラットフォーム「BASE」にご登録いただきありがとうございます。

===============================
◯まだ会員登録手続きは完了しておりません
===============================
以下のURLにアクセスし、メールアドレス認証を完了していただきますようお願いいたします。

https://admin.thebase.in/users/authorize_email/●●●●●●●●●●●●●/●●●●●●●●●●●●●
(※ URLは1回のみクリックしてください)

なにかご不明な点がございましたら https://admin.thebase.in/inquiries/inquiry よりお気軽にお問い合わせください。




───────────────────────────────────
BASE株式会社
BASE, Inc.

〒106-6237 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F
───────────────────────────────────

メール内のURLをクリックします。

BASE開設ステップその2

この画面が表示されたら、認証までが完了です。

では、次に運営情報を入力します。
メールから遷移したままなら、同じ画面内に次のボタンがあります。
(もしわからないないなら、ホーム画面に移動してください)

BASE開設ステップその2

「入力する」ボタンをクリック。

BASEショップ設定_運営に関する情報の設定

入力項目は以下。
たくさんありますが、それほど大変ではありません。
定型文がすでに入力されており、そのまま利用できます。

  • 区分[必須]
  • 事業者の氏名[必須]
  • 事業者の所在地[必須]
  • 事業者の連絡先(電話番号)[必須]
  • その他(営業時間・定休日等)[必須]
  • 販売価格について[必須]
  • 代金(対価)の支払方法と時期[必須]
  • 役務または商品の引渡時期[必須]
  • 返品についての特約に関する事項[必須]

ここでのポイントは、「事業者の連絡先(電話番号)」です。
電話番号認証が必要です。

BASEショップ設定_運営に関する情報の設定_電話番号認証

電話番号を入力して、「電話番号認証」ボタンをクリック。

BASEショップ設定_運営に関する情報の設定_電話番号認証_認証画面

電話(音声)かSMSを選択できます。
4桁の認証コードを入力して、「認証する」ボタンをクリック。

BASEショップ設定_運営に関する情報の設定_電話番号認証済み

認証が成功すると上記のように「認証済み」のチェックが入ります。
必要項目を入力して、画面下部の「保存する」ボタンをクリック。

BASEショップ設定_運営に関する情報の設定_保存

保存に成功すると、自動的にホームに移動します。

BASEショップ設定_運営に関する情報の設定_保存完了

次は、支払い方法の選択です。
「選択する」ボタンをクリック。

入力項目は以下。

  • 決済方法
  • 後払い決済利用申請
  • 屋号[必須]
  • 事業者の氏名(漢字)[必須]
  • 事業者の氏名(カナ)[必須]
  • 事業者の生年月日[必須]
  • お住まいのご住所[必須]
  • 運営ショップのカテゴリ

決済方法

決済方法は6つも用意されています。
PayPal以外は、初めから選択済みです。

  • クレジットカード決済
  • 銀行振込
  • コンビニ・Pay-easy決済
  • キャリア決済
  • PayPal決済
  • 後払い決済

後払い決済利用申請

決済方法の「後払い決済」が選択されていると、後払い決済利用申請の入力が必須です。
何か適当に入力しておくか、決済方法の「後払い決済」の選択をクリアしてください。

必要項目を入力して、画面下部の「保存する」ボタンをクリック。

BASEショップ設定_決済方法の設定_保存

保存に成功すると、自動的にホームに移動します。

残るは、ショップ設定です。
まだ、この段階でがショップは公開されていません。

ショップを公開するために「ショップ設定」ボタンをクリック。

BASEショップ設定_ショップ情報

項目は以下。

  • ショップURL
  • ショップ公開状況
  • アプリ掲載
  • ショップ名
  • ショップの説明
  • ショップのカテゴリ
  • SSL設定
  • SNS設定
  • メインSNS
  • ショップの送料
  • デフォルト税率

適宜必要な情報を入力して、「保存する」ボタンをクリック。
ショップURLにアクセスしてください。

BASEショップトップ

「出品されている商品がありません。」と表示されていれば、公開されています。
まだ、商品を登録していないため、これで正常な状態です。

まとめ

BASEにおけるショップの登録と公開までを説明してきました。
説明通りにすれば、ショップ公開までは簡単にできます。

商品の販売やデザインの変更は、別の記事で説明します。
最後に、BASEに関しての感想です。

BASEは、かなり簡単にネットショップを作れます。
無料でも、簡単なデザイン変更は可能です。
テンプレートも用意されています。

そして、何より簡単にネットで商品を販売できます。
これは、かなりのメリットです。

しかし、これ以上のメリットがあるのです。
記事の途中でも出てきましたが、決済方法が6種類あることです。

これは、かなりのインパクトです。
キャリア決済まで用意されているのは、なかなかないのでは?

クレジットカード、コンビニ決済などと比べて、キャリア決済はシステム的にかなり面倒です。
ECサイト開発における一番の難関は、決済手段の部分です。

BASEを利用すれば、こういう手間が省けるのはデカイです。
ただ、商品点数が増えてくれば、BASEでは厳しいかもしれません。

BASEを利用していけば、いろいろと不満な点も出てくると思います。
しかし、ネットショップを始める一歩目としては十分です。

タイトルとURLをコピーしました