プログラム言語人気ランキングの罠に注意【アンケートは信用するな!!】

プログラム言語人気ランキングの罠に注意【アンケートは信用するな!!】 プログラミング

プログラム言語人気ランキングを一度は見たことがあるでしょう。
このランキングを見て、どう思いますか?

違和感を感じませんか?
私は、以前から違和感を感じていました。

今回、その違和感の原因がわかりました。
その原因とは、プログラム言語人気ランキングに潜む罠でした。

この記事では、その罠を説明します。
是非とも、プログラムを学ぼうとする方にこの記事を読んでほしいです。

また、次にどの言語を学ぼうかと迷っている方にも参考となる内容になっています。

この記事を読むことにより、罠の存在を知ることができます。
その結果、罠にかかることなく、食べてイケるプログラマーになれます。

本記事の内容

  • プログラム言語人気ランキングの罠
  • 平均年齢が高いこと(罠)による弊害
  • アンケートよりも市場を見ましょう

それでは、上記を説明していきます。

プログラム言語人気ランキングの罠

まずは、プログラム言語人気ランキングを見てみましょう。
以下は、日経クロステック(xTECH)がWeb上で実施したアンケートの結果です。

調査期間は2019年9月26日~10月18日。
回答者は、440人の会員ということです。
おそらく、「プログラム言語人気ランキング」をGoogleで検索すればこれが出てきます。

この結果を見てどう思いますか?
この記事では、2回目の問いかけです。

私は、以前からずっとC/C++の順位が高いことに疑問を感じていました。
そして、PHPの順位が高くないことにも疑問がありました。

これらの疑問は、罠によるモノです。
ここで結論を言いましょう。

罠とは、アンケート回答者が偏っていることです。
回答者の年齢が高いことが、疑問を感じさせる原因なのです。

日経クロステックによって、会員の平均年齢は公開されていません。
(見つけられませんでした)

しかし、日経が読者の平均年齢を公開しています。
他の情報も参考に載せています。
https://marketing.nikkei.co.jp/media/newspaper/mediadata/

これによると、日経の読者の平均年齢は49.5歳です。
もう、50歳と言ってもいいですよね。
また、日経の読者の6割は管理職のようです。

日経クロステックも同じと見なすことは、特段間違っていないはずです。
それが正しい場合、平均年齢50歳(約6割が管理職)のアンケート結果に意味があるでしょうか?

どう思いますか?
さらには、回答者数が440人に過ぎません。

かなり偏った結果になってもおかしくはありません。
いや、実際、私は結果に疑問を感じている訳です。

以上より、アンケート回答者の偏った年齢が偏った結果を生み出しています。
これが、私の主張する罠です。

平均年齢が高いこと(罠)による弊害

回答者の平均年齢は、約50歳ぐらいとします。
そうなると、古い技術のプログラム言語に集中するはずです。

その結果が、C/C++の1位なのではないでしょうか?
Webとかアプリの開発者は、そもそも回答者に少ないのではないでしょうか?

SwiftやKotlinは、低い順位です。
これは、回答者にアプリ開発者が少ないことを表しています。
Javaの順位が高いのは、Androidではなくサーバサイドの方でしょう。

また、PHPの順位が高くないのも同じ理由だと思います。
つまり、回答者にWeb開発者が多くないということです。

なぜ、私がここまでPHPに拘るのかと言うと、理由があります。
第一に、私がPHPが大好きというのがあります。
しかし、それ以上に市場がPHPを選んでいるのです。

以下は、Q-Success社による調査結果です。
https://w3techs.com/technologies/overview/programming_language

2020年9月7日時点で、稼動しているWebサイトの約80%はPHPだということです。
ほとんどがWordPressなどのオープンソースだとしても、このシェアは圧倒的と言えます。

このPHPのシェアを見てもわかるように、どう考えてもアンケートの結果はオカシイのです。
だからこそ、私は違和感を感じていたのです。

アンケートよりもデータを見ましょう

回答者の偏りによる弊害は、アンケートすべてに言えることかもしれません。
アンケートなんて、そもそもは人間の主観が入ります。

それ以前に、アンケート実施者の意図が入ることもあり得ます。
そう考えると、もうアンケートは信用できなくなりますね。

では、われわれは一体何を信用すればいいのでしょうか?
何を見ればいいのでしょうか?

それはデータでしょうね。
無機質に収集されたデータが、最も信用できるモノだと思います。

収集方法から疑わないといけないなら、その場合はもうお手上げですけどね。。。

タイトルとURLをコピーしました