他人に嫌われても生きていける【自分に嫌われるのが最悪】

他人に嫌われても生きていける【自分に嫌われるのが最悪】 自己啓発

他人に嫌われるのを恐れていませんか?
恐れる必要なんてありません。

私は、これまで多くの人に嫌われてきました。
しかし、全然楽しく生きています。

自分を偽るぐらいなら、他人に嫌われることを選びましょう。
解説しましたので、少しだけお付き合いください。

他人に嫌われても生きていける

他人に嫌われてもいいと思います。

人なんて、無限にいる

大前提として、人は多いです。
なので、別に嫌われたところで、特に困りませんよ。

人に嫌われることを恐れて自分を偽り精神を病むぐらいなら、人に嫌われても正直に生きる方が精神的には健全ですからね。

そして「ネットでつながれる」という時代なので、自分と合う人は必ずどこかにいます。 こういった時代は「心の健康」が大切です。

こういった時代は「心の健康」が大切です。

嫌われたときの対応方法

シンプルに無視しましょう。
そしたら、たぶん何もしてこないと思います。

私は会社の同期に嫌われていることを人づてで聞きましたが、特にそのことには触れずに仕事を一緒にしていました。

普通の人は何もしてこないです。

嫌がらせを受けるなら、反撃しよう

世の中には「嫌いだからいじめよう」といった「狂った人間」もいます。
もしこういった「モンスターのような人間」と出合った場合は、反撃しましょう。

ちょっと反撃の具体例を出してみます。

  • 上司・教師に相談する
  • 嫌がらせをやり返す
  • 無視する

例えば上記です。

上司や教師に相談しても無駄な場合もあります。その場合は、労働組合や教育員会といった別組織に訴えるのもあり。

反撃には限界もあります。
あくまで自分の心と相談してください。

無理するのは、辞めよう

転職・転校といった手段もあります。
お金や時間はかかりますが、精神的な安心が手に入るなら、手段としてありだと思います。

人手不足で仕事は選ばなければたくさんありますし、高卒認定試験の制度もありますし、何より職歴や学歴がなくてもお金を稼げる社会になってきています。

稼ぎ方・学び方の選択肢がたくさんあり、会社・学校といった組織に無理して属する必要はなしです。

無理せず、正直に生きよう

大切なことは「無理しないこと」です。
多少の演技やキャラ作りはあってもいいですが、あくまで自分を偽るのはNGです。

繰り返しですが、世の中には色々な人がいます。

私は自分に正直に生きているので人と衝突することが多く、その分だけ人から嫌われることも多かったです。でも、その正直なところを好む人がいることも事実です。そのような人が助けてくれることが多かったです。

なので、できるだけ「正直でいられる」ように生きればいいですよ。

正直に生きる方法

自分に問いかけましょう。
ほぼすべての人が、たぶん答えを持っているはず。

「自分の仕事は終わったので、早く帰りたいな。。。でも、まわりは誰も帰っていないしな・・・。」

こういった迷い・遠慮がある時点で、それは自分を偽っていることになります。

帰りたいけど帰れないなら、まずは同僚と取り決めて一緒に帰るのもあり。

正直に生きる=衝突、というわけでもありません。
無駄な衝突はない方がいいですよね。

嫌われてもいいと腹をくくるなら、自分を偽ることはなくなりますし、行動することにも躊躇がなくなると思います。

現状がマイナス状態なので、行動して改善するだけ。

現代は、かなり幸せです

というわけで、今回はこれくらいにします。
最後に1つあって、それは「正直に生きる人にとっては、生きやすい時代」です。

ネットがあるおかげで、大半のことはできます。
仕事するにしても勉強するにしても、すべてネットで完結できます。

そして、ありのままの自分を受け入れてくれる人たちとネットで簡単につながることができます。

記事は以上です。

タイトルとURLをコピーしました