優先順位を付けられない人は決断することもできません【決断力の有無】

優先順位を付けられない人は決断することもできません【決断力の有無】 自己啓発

決断できる・できないとは?
これを考える機会がありました。

会社が決断できないでいます。
何を決断できないのかと言うと、在宅勤務(テレワーク)の再実施に関してです。
このような状況の会社は、意外と多いかもしれませんね。

再実施しないなら、それはそれで構いません。
しかし、その決断を先送りにしている状況が問題なのです。
今回は、本社から部門ごとに任せるという通達がありました。

部門の上層部があたふたしているのを感じます。
この状況をみて、決断力に関して考えるようになりました。

本記事では、この決断に関して説明を行います。

本記事の内容

  • 決断できないリーダーは無能だと痛感
  • 優先順位があれば決断できる
  • 評価軸があれば優先順位を付けられる
  • 評価軸により優先順位を付けて決断しましょう

それでは、上記に沿って説明を行っていきます。

決断できないリーダーは無能だと痛感

決断できないことは、何もしないのと同じです。
先送りとも言いますね。

「決断できないリーダーは無能である」
どこかで1度は聞いたことあるような言葉です。

今まさにそれ痛感しています。
冒頭でも書きましたが、決断の結果はどちらでも構いません。
今回のケースなら、在宅勤務の再実施を行うかどうかになります。

問題なのは、ダラダラと決断を先送りにしていることです。
上層部にもいろいろと事情があるのはわかります。

でも、決断しないということは本当に悪手だと感じます。
じゃあ、なぜ彼らは決断ができないのでしょうか?

このことについて考えてみます。

優先順位があれば決断できる

決断できないのは、優先順位が付けられないからです。
優先順位が付けることができれば、決断を行うことが可能でしょう。

そもそも、優先順位とは決断を行うためのモノです。
つまり、決断のための手段ですね。

折角なので、在宅勤務を例にして優先順位について考えましょう。
例えば、普段から以下のような優先順位を持ったリーダーがいたとしましょう。

リーダー優先順位
A部長部門の売上 > 社員の健康
B部長社員の健康 > 部門の売上

もう、わかりますよね。
例は、極端な方がわかりやすいので。

A部長は、在宅勤務を実施しません。
(※A部長の中では、在宅勤務は生産性が落ちるという考えがある)
B部長は、在宅勤務を実施します。

以上より、優先順位があれば決断できます。
逆に、優先順位がないから決断できないのです。

では、優先順位とはどうやって付けるのでしょうか?
このことを以下で解説していきます。

評価軸があれば優先順位を付けられる

評価軸があれば、優先順位を付けられます。
評価軸を追求していくと、価値観にたどり着くでしょう。
でも、今回はそこまで追いかけません。

先ほどのA部長とB部長に再度参加してもらいます。

リーダー評価軸
A部長短期の売上
B部長長期の利益

A部長は、四半期・年度の売上目標を達成することがすべてです。
目の前のことしか考えていません。

B部長は、長期的視野で物事に対応します。
社員の労働意欲・在宅勤務のノウハウ蓄積なども考慮しています。
それが長い目でみて、会社の利益になると。

ここでは、圧倒的にB部長を持ち上げています。
でも、A部長も決断力はありますからね。

その意味では、両方とも決断できるリーダーです。

評価軸により優先順位を付けて決断しましょう

A部長・B部長のどちらが正解かなんて、誰もわかりません。
でも、決断してそれを周囲に告げることが重要なのです。

「早く決めてくれよ!!」
「どうするの?」
決断を先送りにしたままでは、周囲はこのようなモヤモヤした気持ちのままです。
決断されれば、みんな割り切って働けるようにはなれるでしょう。

また、リーダーでなくても、決断はしていきましょう。
優先順位を付けて決断すれば、前進していくはずです。

仮にその結果が失敗だったとします。
それならば、次は違う決断をすればいいのです。

そのためには、優先順位を変更する必要もあるでしょう。
さらには、評価軸自体を変更しなければならないかもしれません。

何事もトライアンドエラーです。
ただ、エラーの原因を判明させておく必要はあるということです。

さて、私の会社(部門)はどうなるのでしょうか?

第1波の時は、国が緊急事態宣言を出しました。
だから、企業としてもそれに従わざるを得ません。
経団連に加入している企業は特に。

この強制力・外圧によって、在宅勤務は決定しました。
その際は、部門の上層部の決断力は問われませんでした。
でも、今回はそうはいきません。

このようなドラマ(?)を間近で見れるのは、大企業のいいところですね。
ベンチャー企業なら、社長の一声で終わりでしたので。

タイトルとURLをコピーしました