思い込みと言う名のモンスターを退治しましょう【気付くことが大事】

思い込みと言う名のモンスターを退治しましょう【気付くことが大事】 自己啓発

今の人生に満足していますか?
今の自分に満足していますか?

YESと返答できるなら、ここでサヨナラです。
そのように返答できる人は、これ以上は読む必要はありません。

NOと返答する人は、このまま読み進んでください。
あなたがYESと返答できない理由が、この記事内でわかります。

本記事の内容

  • 思い込みがあなたの可能性を潰している
  • 思い込みの原因
  • 思い込みをやめましょう
  • 「思い込みと言う名のモンスターを退治しましょう」のまとめ

それでは、上記に沿って説明を行っていきます。

思い込みがあなたの可能性を潰している

思い込みは、あなたの心に住むモンスターです。
そのモンスターが、あなたの可能性を潰してきました。

このままだと、そのモンスターは今後もあなたの可能性を潰し続けるでしょう。
それでいいのですか?

自分は内気であると思い込み続けて、消極的な人生を過ごしていいのですか?
自分はモテないと思い込み続けて、孤独な人生を過ごしていいのですか?
自分はバカだと思い込み続けて、 周囲からバカにされたまま死んでいいのですか?

人には、いろいろな思い込みがあります。
その思い込みによって、人は自分自身の可能性を潰しているのです。

以上より、敵は思い込みだとわかりました。
一刻も早く、その思い込みをやめたいですよね。

ただ、思い込みをやめるには、その根っ子を絶つ必要があります。
根本原因ですね。
根本原因を絶たないと、すぐに思い込みに支配されてしまいます。

思い込みの原因

思い込みの原因は、大人の何気ない一言です。
子供の頃に、言われたその一言がそれ以降の可能性を奪い去ってしまいます。

子供なんて、まだ自我が確立されていません。
そのような不安定な時期に、周囲の大人による一言は大きな影響力があります。
親であったり、教師などの大人ですね。

例えば、「あなたは恥ずかしがり屋だね」と親に言われたとしましょう。
その結果、子供は自分は恥ずかしがり屋だと思い込んでしまいます。
子供なんて、これぐらい単純です。

実際、私は親にこれを言われました。
だから、成人するまでは本当に内気(恥ずかしがり屋)でした。

とにかく、人前に出るのが嫌でした。
人前で話すことなんて、もう無理ゲーでした。

だから、思い込みがある人は子供の頃を思い出してください。
そこに思い込みのヒントがあります。
何気ない大人の一言が、たいていの思い込みの原因です。

思い込みをやめましょう

子供の頃を思い出してみましたか?
あなたの思い込みの原因が見つかりましたか?

思い込みの原因が見つかったら、後は簡単です。
「しょうもな」と思うだけです。

だって、考えてみてください。
そのときの大人の一言に何の価値がありますか?

仮に価値があったとしましょう。
「それがどうした?」と思いませんか?

なぜ、他人(親も含む)の一言で自分の人生が縛られないとダメなんでしょうか?
他人の意見に縛られたままでいいのですか?

はい、もう終わりにしましょう。
思い込みというモンスターの始まりは、こんな程度です。
あなた自身が、長い歳月をかけて大きく育ててしまっただけなのです。

「思い込みと言う名のモンスターを退治しましょう」のまとめ

思い込みにより、人生の可能性を潰している人が多いです。
その思い込みの原因は、何気ない大人の一言。

親や教師の権威により、子供は知らず知らずに影響を受けます。
これが、思い込みの始まりです。

そして、その思い込みは、年月とともに強く大きくなっていきます。
モンスターとなって、あなたの人生に影を落とします。

このモンスターの退治方法は、簡単でしたね。
モンスターをガンガン退治して、自分の可能性を広げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました