短期離職する第二新卒が転職を成功させる方法

転職

「仕事は最低でも3年は続けろ」という言葉を聞いたことがあると思います。
また、短期離職は転職に不利だという言葉もよく耳にするでしょう。
しかし、私はそんな言葉は無視してよいと考えます。
実際、私自身にはたった3ヶ月という超短期離職で転職を成功させた経験があり、そうして良かったと思うからです。
だから、私は短期離職で悩む第二新卒の方に対しては、悩むならば転職をおススメします。
その転職活動を成功させるための方法をこの記事では説明していきます。

短期離職する第二新卒という立場を活かす

短期離職する第二新卒という立場を活かして転職活動を行うのです。
私は実際にこれを行って転職を成功させました。
年収は倍増し、研修制度にかなり恵まれました(新卒時の会社は、OJTという名の研修だけでした)。
逆転の発想で転職活動をすればよいのです。

「短期離職は我慢がない」というマイナスの面で語られることが多いです。
また、「短期離職には転職活動で活かせるスキルがない」というマイナスの面でも語られます。
これは実際にそうだと思います。
ただし、これは短期離職をマイナスの面から見た場合のことです。

逆に、短期離職をプラスの面から見れば良いのです。
主には第二新卒という要素を利用します。
プラスにする方法を説明していきます。

最大のプラスは、開き直ることが許されるということです。
これは最強です。
第二新卒はそもそも世間知らずであり、入社した会社における業務や仕事に関しては本当には理解できていません。
もちろん、企業研究やOBから話を聞くことにより頭ではわかっていますが、実際に経験していないため、理解はできていないことが当然なのです。
そして、転職活動の面接において、このことを正直に話すのです。
「研究が不足していたことを反省している」
「理解が甘かったことを反省している」
学生時代における就職活動の甘さや不足を自ら語り、そのことに反省していることを伝えるのです。
志望動機を記載する場合、面接を受ける場合にこれらを堂々を語るのです。
上記で言いましたが、学生なんて仕事・会社の本当のところを知らなくて当然なのです。
ただ、「そんな短い期間で仕事のことはわからないのでは?」と突っ込まれることもあるでしょう。
その場合にも開き直りましょう。
私は以下の返答していました。
「先輩や上司を見ていると長期間働いても自分の望む仕事はできない(スキルは身に付かない)」と。
これは結構威力があったと思います。

まとめ

短期離職した第二新卒にスキルなんて求められていません。
だから、中途半端にスキル云々を語るのはマイナスになりかねません。
必要なのは、前向きさだと思います。
新卒での就職活動の失敗を失敗と認め、それを糧に前に進むために転職を選択したことを伝えれば良いのです。
我慢は日本人の美徳などと言われてきましたが、令和の時代は常に変化しています。
我慢だけしていては、時代に取り残されてしまいます。
変化に柔軟に対応できる人間が、求めれられているのです。
私が今、第二新卒で転職活動をするなら、この変化についても志望動機で熱く語ると思います。

タイトルとURLをコピーしました