【超簡単】MariaDBをUbuntuにインストールする

【超簡単】MariaDBをUbuntuにインストールする サーバー

この記事では、MariaDBをUbuntuにインストールする方法を解説しています。
記事の中では、Ubuntuを対象インストールをしています。
ただ、Debianでも同じコマンドでインストール可能です。

本記事の内容

  • MariaDBをインストールする環境
  • MariaDBをUbuntuにインストール

それでは、上記に沿ってMariaDBをインストールしていきます。

MariaDBをインストールする環境

MariaDBを含めて、重要なモノは以下。

  • Ubuntu 18.04
  • MariaDB 10.5.8(2020年11月27日時点での最新バージョン)

簡単に説明します。

Ubuntu 18.04

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=18.04
DISTRIB_CODENAME=bionic
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 18.04.5 LTS"

Ubuntuは、次の記事をもとに初期設定を行っています。

MariaDB 10.5.8

aptを利用してインストールします。
そのため、その時点でインストール可能な最新バージョンがインストールされます。

なお、 この10.5.8は2020年11月11日に公開されています。
結構頻繁に更新されているようです。

MariaDBのChangelogs
https://mariadb.com/kb/en/changelogs/

MariaDBをUbuntuにインストール

MariaDBのインストールは、以下の作業を実施します。

  • リポジトリ追加
  • インストール
  • 動作確認

それぞれを解説していきます。

リポジトリ追加

aptを使ってインストールするために、まずリポジトリへの追加が必要です。
リポジトリへの追加への追加と言えば、/etc/apt/sources.listへの追記が必要ですよね。
もしくは、/etc/apt/sources.list.d/以下にファイルを作成します。

手作業が入るので、何かと面倒ですよね。
MariaDBに関しては、その面倒な作業が必要ありません。

次のコマンドを流すだけでOKです。
MariaDB側でリポジトリへの追加用スクリプトを用意してくれています。

curl -LsS https://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb_repo_setup | sudo bash

上記コマンドを実行します。

成功

コマンドを実行して、次のような表示になれば成功です。

[info] Repository file successfully written to /etc/apt/sources.list.d/mariadb.list
[info] Adding trusted package signing keys...
[info] Running apt-get update...
[info] Done adding trusted package signing keys

/etc/apt/sources.list.d/mariadb.listが作成されたようです。
確認してみましょう。

$ cat /etc/apt/sources.list.d/mariadb.list
# MariaDB Server
# To use a different major version of the server, or to pin to a specific minor version, change URI below.
deb http://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb-10.5/repo/ubuntu bionic main

# MariaDB MaxScale
# To use the latest stable release of MaxScale, use "latest" as the version
# To use the latest beta (or stable if no current beta) release of MaxScale, use "beta" as the version
deb https://dlm.mariadb.com/repo/maxscale/latest/ubuntu bionic main

# MariaDB Tools
deb http://downloads.mariadb.com/Tools/ubuntu bionic main

パッケージ一覧を更新しておきます。

$ sudo apt update

失敗

以下のようなエラーが出ることもがあります。
aptコマンドがhttpsに対応していない場合に出るようです。

[error] The following package is needed by the script, but not installed:
            apt-transport-https
        Please install and rerun the script.

このエラーが出た場合は、次のコマンドを実行します。

$ sudo apt update
$ sudo apt install apt-transport-https

インストールが完了したら、再度curlコマンドを実行です。

インストール

リポジトリ追加が完了したら、あとはもうaptにお任せです。

$ sudo apt-get install mariadb-server

上記を実行すると、「続行しますか? [Y/n]」と聞いていきます。
もちろん、「Y」と入力してEnter。

インストールが完了したら、動作確認を兼ねてMariaDBのバージョンを確認しましょう。

動作確認

以下のコマンドでMariaDBに接続します。

$ sudo mariadb
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 45
Server version: 10.5.8-MariaDB-1:10.5.8+maria~bionic mariadb.org binary distribution

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]>

無事、MariaDBに接続することができました。
以上より、MariaDBをUbuntuにインストールすることができました。

タイトルとURLをコピーしました