【2020年プロ野球】セ・リーグエース(菅野 智之、大野 雄大、西 勇輝他)の投球分析 | ジコログ

【2020年プロ野球】セ・リーグエース(菅野 智之、大野 雄大、西 勇輝他)の投球分析

【2020年プロ野球】セ・リーグエース(菅野 智之、大野 雄大、西 勇輝他)の投球分析 データ分析

この記事では、セ・リーグのエースたちの投球を分析しています。
分析の内容は、三振を奪う場合の決め球についてです。

どの球種で三振を奪うのか?
これをピンポイントで分析しています。

本記事の内容

  • 分析データの説明
  • エースの定義
  • 菅野 智之(巨人)の決め球
  • 大野 雄大(中日)の決め球
  • 西 勇輝(阪神)の決め球
  • 森下 暢仁(広島)の決め球
  • 小川 泰弘(ヤクルト)の決め球
  • 大貫 晋一(DeNA)の決め球
  • エースの投球の分析結果を見た感想

それでは、上記に沿って解説していきます。

分析データの説明

2020年プロ野球のピッチャー全投球を対象としています。
期間は、2020年06月19日~2020年10月10日となります。

全投球数は、173373球。

Yahooスポーツの一球速報が、データの取得元です。
Python(Selenium)のスクレイピングにより、データを収集しています。
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2020101006/score?index=0110100

エースの定義

セ・リーグのエースの投球を見ていきます。
でも、その前にエースは誰やねん?という疑問が出てきませんか?

そこで、エースの定義を記しておきます。
2020/10/11時点で規定投球回数以上を投げている投手が対象です。
それが以下。

規定投球回数

なんと、5人しか規定投球回数をクリアしていません。
DeNAにいたっては、誰一人もクリアしていないのです。

とりあえず、この時点で上記5人をエースとします。
小川以外は、成績もエースにふさわしいモノと言えます。

では、DeNAはどうしましょうか?
成績を見る限りでは、2年目の大貫 晋一投手になりますね。
以下は、大貫投手の過去成績です。

大貫投手の過去成績

今年になってブレークということなのでしょう。
素晴らしい成績です。
今年に限って言えば、エースと言っても良いでしょう。

以上、セ・リーグの各チームのエースが出揃いました。
あくまで、2020年シーズンの10月11日までの成績で判別しています。

菅野 智之(巨人)の決め球

菅野 智之(巨人)の決め球
全投球(1804球)
決め球(107球)
ball_typecountball_typecount
ストレート594スライダー40
スライダー520ストレート31
フォーク267フォーク25
シュート173カーブ7
カットボール145シュート3
カーブ105カットボール1

決め球の107球という数字は、奪った三振の数ということです。
全投球で見ても、スライダーが約3割ですね。

そして、決め球はスライダーが約38%でトップです。
さすがに、スライダーピッチャーと言われるだけはあります。

大野 雄大(中日)の決め球

 大野 雄大(中日)の決め球
全投球(1762球)
決め球(121球)
ball_typecountball_typecount
ストレート919ストレート55
ツーシーム414フォーク31
スライダー276ツーシーム29
フォーク152スライダー6
チェンジアップ1

なかなか、興味深い結果が出ました。
大野投手は、フォークを全投球で10%も投げません。

しかし、決め球においてはフォークが25%となります。
まさに、フォークが決め球と言えますね。

西 勇輝(阪神)の決め球

 西 勇輝(阪神)の決め球
全投球(1836球)
決め球(101球)
ball_typecountball_typecount
スライダー616チェンジアップ39
シュート574スライダー35
チェンジアップ475シュート24
ストレート113カーブ2
カーブ58ストレート1

これまた、極端ですね。
西投手は、ストレートをほとんど投げません。

完璧に変化球投手と言えます。
ここまでとは思っていませんでした。。。

森下 暢仁(広島)の決め球

 森下 暢仁(広島)の決め球
全投球(1690球)
決め球(104球)
ball_typecountball_typecount
ストレート859ストレート54
カットボール417カットボール28
カーブ231チェンジアップ13
チェンジアップ183カーブ9

2019年のドラフト1位です。
ルーキーで現状の成績は、素晴らしいの一言ですね。
新人王の可能性は、かなり高いでしょう。

ほぼ全投球と決め球の比率が同じです。
逆に言えば、これといった決め球がないとも言えます。

コントールがいいのでしょうかね。
正直、あまり知りません・・・

小川 泰弘(ヤクルト)の決め球

 小川 泰弘(ヤクルト)の決め球
全投球(1528球)
決め球(71球)
ball_typecountball_typecount
ストレート586ストレート38
カットボール248フォーク12
チェンジアップ202チェンジアップ9
スライダー165カットボール7
シュート137スライダー3
フォーク134シュート1
ナックルカーブ56ナックルカーブ1

ライアン小川です。
こんなに球種が豊富だったのですね。
知りませんでした。

基本的には、伸びるストレートで三振を奪うという印象通りでしょうか。

大貫 晋一(DeNA)の決め球

 大貫 晋一(DeNA)の決め球
全投球(1194球)
決め球(56球)
ball_typecountball_typecount
スプリット322スプリット18
ストレート288ストレート17
ツーシーム221スライダー7
スライダー168チェンジアップ5
カットボール118ツーシーム4
カーブ62カットボール3
チェンジアップ15カーブ2

スプリットをこれだけ投げる投手が、日本にもいるのですね。。。
この投手に関しても、ほとんど知りませんでした。

でも、かなり面白い結果です。
今後は、追いかけたい投手になりました。

エースの投球の分析結果を見た感想

どうでしたでしょうか?
私は、結果を見てかなり驚いています。

中でも最も驚いたのは、阪神の西 勇輝投手です。
これほどまで、ストレートを投げないとは・・・

そもそも、投手の全投球をきちんと見たことはありませんでした。
というより、そもそもそんなデータが公開されているのでしょうか?

有料ならあるのかもしれません。
プロ野球をこのようなデータを元に見ると、また違った面白さがありますね。

次回は、パ・リーグのエースをまとめてみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました