次世代AI時代の幕開け – Googleの新モデル「Gemini」 | ジコログ

次世代AI時代の幕開け – Googleの新モデル「Gemini」

次世代AI時代の幕開け - Googleの新モデル「Gemini」 AI

Googleが新しいAI Foundationモデル「Gemini」を発表しました。
Geminiは、同社がこれまでに開発した中で最も能力の高い汎用AIモデルです。

Geminiはテキスト、画像、音声などのマルチモーダルなデータをシームレスに理解します。
その結果として、複雑な推論を行うことができる次世代のAIモデルです。

本記事の内容

  • Geminiの概要
  • Geminiの性能と特徴
  • Geminiの提供形態
  • 安全性と責任あるAIの考え方
  • 今後の展開

それでは、上記に沿って説明します。

Geminiの概要

Geminiは、Google DeepMindが中心となってGoogle Researchなどと協力して開発した汎用AIモデルです。
テキスト、コード、音声、画像、動画など、複数のモダリティのデータを本質的に理解できるよう設計されています。

Geminiの性能と特徴

Geminiの性能と特徴では、主に以下の点がフォーカスできます。

  • マルチモーダル理解能力
  • 複雑な推論能力
  • 先進的なコーディング能力

マルチモーダル理解能力

Geminiはマルチモーダルな前処理を行うことで、テキスト・画像・音声などの異なる情報源から知識を統合的に理解することができます。32ものアカデミックベンチマークのうち30でこれまでの最高精度を更新しています。

これらの結果より、マルチモーダル性能が非常に高いことが実証されています。

複雑な推論能力

Geminiは膨大なテキストと画像の情報から知識を抽出します。
そのことにより、科学的発見の加速やビジネス上の洞察の発見を助けることができます。

物理や数学のような複雑な話題についても推論プロセスを明確に説明できます。
そのため、人間の専門家をも上回る精度であると目されています。

先進的なコーディング能力

Geminiは、一般的なPythonやJavaなどのプログラミング言語のコードの理解・生成・説明が可能です。
また、競技プログラミングを支援するコード自動生成ツールとしても活用できます。

Geminiの利用により、開発効率の大幅な向上が期待されます。

Geminiの提供形態

Geminiは、以下の形により提供されます。

  • Google製品への実装
  • 開発者・エンタープライズ向けAPI

Google製品への実装

12月から「Gemini Pro」がGoogle Search、Gmail、YouTube、Mapsなどの主要サービスに導入され始めています。
来年にはより大規模な「Gemini Ultra」が重要製品に搭載される予定です。

既に検索のレイテンシ(待ち時間)を40%改善するなどの効果が確認されています。

開発者・エンタープライズ向けAPI

Google Cloud上で稼働するVertex AIに、開発者向けのGemini APIが12月中に公開されます。
コーディング支援や競技プログラミングでの活用が期待されています。

さらに来年初めには大規模モデルの「Gemini Ultra」もリリースされる予定です。

安全性と責任あるAIの考え方

Googleは製品面だけでなく、AIの安全性と責任についても業界をリードする姿勢を見せています。
Geminiではこれまでで最も包括的な安全性評価を行い、有害性やバイアスの可能性を事前に特定して対策を講じています。

外部の安全性専門家とも緊密に連携し、リスクの特定と軽減に尽力していることが明らかにされています。
生成される内容の安全性を担保するための複数の防御手法を採用するなど、責任あるAI開発への本格的な取り組みがうかがえます。

今後の展開

GoogleはGeminiを次世代AI時代の幕開けと位置づけており、機能強化を加速していく考えです。
記憶力の向上、より長期的な文脈を考慮した応答生成など、次期バージョンでの改善がすでに発表されています。

自然言語理解を始めとする分野全体の飛躍的発展が期待される中、今後も倫理面への配慮と技術革新の両立が鍵となりそうです。極めて高性能な一方で、人々の生活を豊かにするために建設的に活用されることが重要だと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました