光と影を上手く表現できるDark Sushi Mix | ジコログ

光と影を上手く表現できるDark Sushi Mix

光と影を上手く表現できるDark Sushi Mix 画像生成

「光の表現が上手い画像を生成したい」
「光と影を使ったハイレベルな画像を生成したい」

このような場合には、Dark Sushi Mixがオススメです。
この記事では、Dark Sushi Mixについて解説しています。

本記事の内容

  • Dark Sushi Mixとは?
  • Dark Sushi Mixの利用方法
  • Dark Sushi Mixの動作確認

それでは、上記に沿って解説していきます。

Dark Sushi Mixとは?

Dark Sushi Mixとは、光と影を上手く表現できるマージモデルになります。
開発者の友人のプライベートモデルと複数の公開モデルをマージしているそうです。

そして、Dark Sushi Mixは次のようなド派手な画像を生成できます。

また、次のように光と影を上手く使い合わせた画像も生成可能です。

あと、普通にキャラクターを高画質で描くことができます。
このように、Dark Sushi Mixは印象に残りやすい画像を生成できます。

なお、VAEは焼き込まれていません。
公式ページでは、「vae-ft-mse-840000-ema」が推奨されています。

以上、Dark Sushi Mixについて解説しました。
次は、Dark Sushi Mixの利用方法を説明します。

Dark Sushi Mixの利用方法

Dark Sushi Mixの公式ページ

Dark Sushi Mix 大颗寿司Mix - 2.25D | Stable Diffusion Checkpoint | Civitai
Recommend: vae-ft-mse-840000-ema use highres fix to improve quality. 打了一个月王国之泪后重操旧业。 新版本算是对2.5d的整合,保留整体二次元画风的同时肢体上比前几个版本要好,脸型也要更多样化一点。 但光影和线条上就和2.5...

AUTOMATIC1111版web UIでの利用を前提とします。

上記Civitaiの公式ページからダウンロードします。

ボタンをクリックすると、「darkSushiMixMix_colorful.safetensors」をダウンロードできます。
現時点におけるDark Sushi Mixの最新バージョンは、Colorful版となります。

ダウンロードしたファイルを指定のディレクトリ(models/Stable-diffusion)に設置します。
web UIの起動後、以下のようにcheckpointを選択できるようになっています。

あとは、プロンプトを入力して画像生成を行うだけです。
この際、Civitai上のサンプル画像やユーザー投稿などを参考にできます。

以上、Dark Sushi Mixの利用方法を説明しました。
次は、Dark Sushi Mixの動作確認を説明します。

Dark Sushi Mixの動作確認

Dark Sushi Mixの動作確認を行いましょう。
プロンプトは、次の画像を参考にします。
https://civitai.com/images/607686

以下は、それぞれ3つのサイズで生成されています。

左から、次のサイズとなります。
アップスケーラーを用いて拡大しています。

  • 512 x 768
  • 1024 x 1536(2倍)
  • 2048 x 3072(4倍)

やはり、4倍が綺麗に見えます。
というか、Dark Sushi Mixはアップスケーラーで拡大しても大丈夫なんですね。

アップスケーラーで高画質化すると、スタイルがガラッと変わるモデルが存在します。
個人的には、それをアップスケーラーガチャと呼んでいます。

でも、Dark Sushi Mixは元(512 x 768)のスタイルのままで高画質化されます。
これだと安心してアップスケーラーで拡大することができますね。

なお、Loopback Scalerで処理すると次のような画像になります。
左から、Loopsの値は4、8、16となっています。

Loopback Scalerについては、次の記事で解説しています。

アップスケーラーも良し、Loopback Scalerも良しですね。
両方とも、大きくスタイルが崩れていません。

その意味で、Dark Sushi Mixは使いやすいモデルと言えます。

以上、Dark Sushi Mixの動作確認を説明しました。

タイトルとURLをコピーしました