社会

社会

公開されているウェブサイトのデータを「スクレイピング」することは違法ではない

「公開データのスクレイピングは違法ではない」スクレイピングに対する裁判所の見解です。ただし、注意点もあります。この記事では、LinkedInに関する実際の判決をもとに書かれた海外の記事を日本語に翻訳しています。この内容から、安全なスクレイピングについて学びましょう。
社会

スクレイピングをする人は必見!!Facebookがスクレイピングを行う会社を提訴

スクレイピングをする人には、是非とも見て欲しい記事です。スクレイピングをやる上では把握しておくべき内容です。そうじゃないと、スクレイピングをしたことにより、あなたも企業から訴えられるかもしれません。そうならないためにも、ちゃんと内容を理解してスクレイピングに励みましょう。
社会

【暴露】「ブログ開始2週間でGoogle AdSense審査に合格する」の秘密

「ブログ開始2週間でGoogle AdSense審査に合格!!」スゴイと思いますよね。でも、これには秘密があるのです。この記事では、短期合格の秘密を暴露しています。この記事を読めば、虚偽・誇大広告には騙されないようになります。
社会

気象庁サイトへの広告掲載は民業圧迫・既得権益につながる【第二のNHK!?】

第二のNHK!?税金で作ったコンテンツで広告収入を稼ぐことが許されていいのでしょうか?気象庁サイトへの広告掲載は、完全に民業圧迫になります。さらには、新たな既得権益を生み出すことにもなりかねません。国(政治家・官僚)にはもともと期待していませんが、せめて民間の邪魔をしないで欲しいです。
社会

【Amazonで法律違反】6%のセラー(販売者・出品者)は特定商取引法に違反している

Amazonでは、法律違反が堂々と行われています。その法律違反が故意なのか過失なのかはわかりません。いづれにせよ、それらの法律違反が、Amazonでのサクラ(やらせ)レビューの温床になっている可能性があります。Amazonが取り締まらないなら、個人個人で警戒するしかないでしょう。
社会

Amazonのサクラ(やらせ)レビューは国(消費者庁)が悪い

Amazonのサクラ(やらせ)レビューは、最終的には国(消費者庁)のせいです。本当にやらせレビューを撲滅させるには、国を動かす必要があります。そうすれば、Amazonもやらせレビュー対策に本腰をあげてくれるでしょう。逆にいうと、このままではやらせレビューは決してなくなりません。
社会

App Store・Google Playの手数料に文句があるなら出て行け

「嫌なら見るな」と岡村隆史は言いました。同じように、「嫌なら出て行け」とAppleやGoogleは、フォートナイトの開発元であるEpic Gamesに対して言っています。私もそう思います。「文句があるなら出て行け」と。ただ、Epic Gamesの動きには裏があるように感じます。この記事では、それについて説明しています。
社会

2020年11月以降に始まる本当のコロナ第二波に備える【インフルエンザに注意】

「コロナはただの風邪」、「コロナ脳・自粛警察」などは表面的なことに過ぎません。本当に怖いのは、コロナでパニックになる社会です。パニックなると、もっと怖いインフルエンザへの対応が疎かになってしまいます。そのような事態に備えていくことを、この記事ではおススメしています。
社会

ギグワーカーがブラック企業をぶっ壊す!!

Uber Eatsの配達員を中心としたギグワーカーが、ブラック企業をぶっ壊す!!その内容を理由とともに説明しています。ギグワーカーに限らず、収入源を給料以外に持つことの重要性にも触れています。収入源を複数持つことにより、労働者は企業とタイマンを張れるようになるのです。
社会

ジョブ型雇用の流れはエンジニアから特権をはく奪するかもしれない!

「ジョブ型雇用はエンジニアに関係があるのでしょうか?」この記事では、ジョブ型雇用がエンジニアに与える影響を説明しています。最悪の場合、エンジニアの持つ特権が剥奪されるかもしれません。いつそうなっても構わないように、準備だけはしておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました