Evernote無料プラン制限強化:課金ユーザーも注目すべき? | ジコログ

Evernote無料プラン制限強化:課金ユーザーも注目すべき?

Evernote無料プラン制限強化:課金ユーザーも注目すべき? ツール

Evernoteは、2023年12月4日から無料アカウントの制限を強化します。
この発表により、Evernoteの利用者の間で不安が広がっています。

そのことは、課金プランを利用するユーザーにとっても同じです。
この変更は、課金ユーザーにも今後の利用に影響を及ぼす可能性があります。

新制限の概要と影響

Evernoteは、無料アカウントのユーザーに対して次の制限を設けます。

  • アカウントごとに最大50個のノートの保有
  • アカウントごとに1つのノートブックの保有

これは、新規の無料ユーザーだけでなく、既存の無料ユーザーにも適用されます。
これまでEvernoteは、無料プランのユーザーに対してノート数やノートブック数の制限を設けていませんでした。

そのため、この変更は多くのユーザーにとって大きな変化となります。

課金ユーザーへの影響と懸念

私は現在、月額1,100円の「Evernote Personal」プランを利用しています。
ただし、この金額は2023年5月1日以降に適用された価格になります。

滑り込みで値上げ前の価格(年間)による契約となっています。
次回契約時は、9,300円/年となるはずです。

今回の変更は無料プランにのみ影響を及ぼします。
しかし、将来的には課金ユーザーにも同様の制限が課せられる可能性があります。

このような変更が課金プランにも適用された場合、
私は「Notion」という別のプラットフォームへの移行を検討することになるでしょう。

代替プランとしてのNotionへの移行検討

Notionは、ノート作成やデータ管理のための多機能プラットフォームです。
Evernoteと比べて柔軟性が高く、カスタマイズ性に富んでいます。

Notionは、APIが充実しています。
そのため、以前からプログラムでいろいろと試してはいます。

もしEvernoteが今後もプランの変更を続けるようであれば、
Notionへの移行は有力な選択肢となるでしょう。

今後の展望とユーザーへのアドバイス

Evernoteの今後の動向を注視しておきましょう。
プラン変更の可能性がある場合は、他のオプションを検討することをお勧めします。

特に、データの多くをEvernoteに預けているユーザーは、代替プランへの移行計画を立てておくと良いでしょう。
また、無料プランの制限変更に直面しているユーザーは、他の無料または有料のオプションを比較検討することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました