Laravelアプリが遅い!? 高速化の特効薬「Octane」について知ろう | ジコログ

Laravelアプリが遅い!? 高速化の特効薬「Octane」について知ろう

Laravelアプリが遅い!? 高速化の特効薬「Octane」について知ろう プログラミング

はじめに

Webアプリケーションのパフォーマンスは、ユーザ体験を左右する重要な要素です。
Laravelを使ったWebアプリケーションは、規模が大きくなるにつれて応答速度が低下します。

キャッシュの導入やサーバースペックの引き上げで対応できますが、限界がきてしまいます。
こうした課題を解決するのが「Octane」です。

Octaneを使えば、コード変更なしで5~10倍の応答速度向上が期待できます。

Octaneとは

Octaneは、Laravelアプリケーションを高速化するミドルウェアです。
高速WebフレームワークのSwooleやGo言語のWebサーバーRoadRunnerをベースに設計されています。

Swooleの非同期処理とRoadRunnerのマルチスレッド機能を合わせ持つことで、大幅な速度向上を実現しています。

なぜOctaneなのか

Octaneが高速化を可能にしている主な要因は3つあります。

  • 非同期処理で並列実行できる
  • リクエスト中のブロッキングを防ぐ
  • メモリ効率と資源消費を最小限に抑える

これにより、通常の同期PHPを大きく上回るスループットを発揮します。
実測では、同じサーバーでOctaneを使うことで5~10倍速いレスポンスを実現しています。

超簡単に導入できる

もう一つの大きなメリットが導入の容易さです。

Laravelプロジェクトであれば、設定の変更のみでOctaneに置き換え可能です。
アプリケーションのコード変更は不要で、コマンド1つで高速化したサーバーを立ち上げられます。

LaravelとOctaneが入出力をやり取りするアーキテクチャのため、実装変更を必要としないのです。

ベンチマークデータから見る劇的な速度向上

次の表は、NGINX Unit推しのエンジニアによるパフォーマンスの比較表です。
https://habr.com/en/articles/646397/


99%98%95%90%85%80%75%50%HTTP OK %
nginx + php-fpm + laravel6059565248464544100
nginx + php-fpm + lumen1818171616151514100
nginx-unit + laravel7.676.55.85.35.25.24.059100
nginx-unit + lumen1.9301.8701.6401.5201.4601.4101.3201.070100
octane (swoole) + laravel1.2301.2001.1601.1101.0501.0100.9800.800100

その中でLaravel Octaneが含まれています。
上記表は、正常時のパフォーマンスを比較した結果です。

最速が、Laravel Octaneとなっています。
これには続きがあって、高負荷時にはNGINX Unitがベストの結果という説明になります。

ただ、Laravel Octaneは水平スケーリングが容易です。
そのため、システムの処理能力や通信能力の拡張を簡単に行えます。

そうであれば、Laravel Octaneでも高負荷時にも十分対応は可能だと思います。

Octaneへの移行は避けられない流れ!?

PHP 8.1で高速化機能が強化されています。
Octaneはこうした流れと非常に親和性が高い設計となります。

今後LaravelおよびPHPエコシステム全体で、事実上の標準として位置づけられていく可能性があります。
また、クラウド向けの高速アプリも構築できるため、注目度が高まっていくでしょう。

まとめ

既存アプリの置き換えや新規開発を問わず、Octaneの重要性は今後さらに高まっていくでしょう。
ある程度のコストが掛かっても、大幅な速度向上を手に入れられます。

Laravel最速のアプリを目指すなら、Octaneの本格的な活用が重要だと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました