matplotlibのインストール【Python初心者向け】 | ジコログ

matplotlibのインストール【Python初心者向け】

matplotlibのインストール【Python初心者向け】 プログラミング

この記事は、matplotlibのインストールについて解説しています。
Python初心者・入門者でも、matplotlibをインストールできるように説明しています。

本記事の内容

  • matplotlibとは?
  • matplotlibのシステム要件
  • matplotlibのインストール
  • matplotlibの動作確認

それでは、上記に沿って解説していきます。

matplotlibとは?

matplotlibとは、Python用のグラフ描画ライブラリです。
次のようなグラフを描画する際に必要になります。

Pythonは、データ分析・解析で利用されることが多いです。
そうなってくると、グラフ作成の機会は多くなってきます。

そのような事情もあり、matplotlibはPythonでは欠かせないライブラリと言えます。
そのことを表しているのが、matplotlibに依存するライブラリの多さです。

PyPI(The Python Package Index)
https://pypi.org/

上記において、「matplotlib」で検索した結果が以下。

matplotlibに関連するプロジェクト数が、3903という結果です。
すべてがそうとは限りませんが、matplotlibに依存したライブラリが多いことがわかります。

また、パッケージ名に「matplotlib」を入れずに、依存するライブラリも多く存在します。
Pythonを知れば知るほど、matplotlibを知ることになります。

それほどまでに、matplotlibはPythonでは欠かせないライブラリということです。

以上、matplotlibについての説明でした。
次は、matplotlibのシステム要件を確認します。

matplotlibのシステム要件

現時点(2021年6月末)でのmatplotlibの最新バージョンは、3.4.2となります。
この最新バージョンは、2021年5月8日にリリースされています。

サポートOSに関しては、以下を含むクロスプラットフォーム対応となります。

  • Windows
  • macOS
  • Linux

基本的には、matplotlibはOSを問わないということです。
ただ、Pythonのバージョンには注意が必要となります。

サポート対象となるPythonのバージョンは以下。

  • Python 3.7
  • Python 3.8
  • Python 3.9

基本的には、新しいモノにしか対応しないと言えますね。
すでにもう、Python 3.6のサポートをやめています。

以下は、Python公式開発サイクルです。

バージョンリリース日サポート期限
3.62016年12月23日2021年12月
3.72018年6月27日2023年6月
3.82019年10月14日2024年10月
3.92020年10月5日2025年10月

上記を見ると、少しの期間だけ 3.6のサポート期限は残っています。
でも、もうPython 3.6は切り捨てるということです。

このようなスピード感は、個人的には大歓迎です。
それも、matplotlibのようなPythonの主要ライブラリでやることに意味があります。

なぜなら、matplotlibに依存しているライブラリが、その流れに乗ることになるからです。
そうすれば、Python全体で好循環が生まれるでしょう。

と言っても、これは理想ですけどね。
実際は、放置されたライブラリも結構多くあります。

話が逸れましたが、matplotlibではPython 3.7以降が必要ということだけでも覚えましょう。
もし、Pythonのバージョンアップが必要であれば、ちょっと頑張る必要があります。

WindowsでPythonのバージョンを上げるなら、次の記事が役に立ちます。

Linuxの場合は、Pythonのバージョンアップについては注意が必要です。
次の記事では、Ubuntuを例に注意すべき内容や対応方法について解説しています。

以上、matplotlibのシステム要件について説明しました。
次は、matplotlibをインストールしていきます。

matplotlibのインストール

最初に、Pythonのバージョンを確認しておきます。

>python -V
Python 3.9.5

最新版のmatplotlibに対応しています。
次に、現状のインストール済みパッケージを確認しておきます。

>pip list
Package    Version
---------- -------
pip        21.1.2
setuptools 57.0.0

次にするべきことは、pipとsetuptoolsの更新です。
pipコマンドを使う場合、常に以下のコマンドを実行しておきましょう。

python -m pip install --upgrade pip setuptools

では、matplotlibのインストールです。
matplotlibのインストールは、以下のコマンドとなります。

pip install matplotlib

インストールは、すぐに終わります。
では、どんなパッケージがインストールされたのかを確認しましょう。

>pip list
Package         Version
--------------- -------
cycler          0.10.0
kiwisolver      1.3.1
matplotlib      3.4.2
numpy           1.21.0
Pillow          8.2.0
pip             21.1.2
pyparsing       2.4.7
python-dateutil 2.8.1
setuptools      57.0.0
six             1.16.0

そこそこの数のパッケージが、インストールされました。
画像処理にはPillow、計算処理にはnumpyということでしょう。

pyparsingは、パーサを自作する際に利用します。
pyparsingについては、次の記事で解説しています。

その他にもありますが、パッケージについてはこの辺でやめておきます。
とにかく、matplotlib自身も他のライブラリに依存しているということです。

以上、matplotlibのインストールについて説明しました。
最後は、matplotlibの動作確認を行います。

matplotlibの動作確認

動作確認は、次のコードで可能です。

import matplotlib.pyplot as plt
plt.plot([1, 2, 3])
plt.savefig('myfig.png')

実行すると、同一フォルダ上に「myfig.png」が作成されます。

この画像ファイルを確認できれば、matplotlibの動作確認は完了です。

以上、matplotlibの動作確認についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました