【コマンドで簡単】Pythonでvenvを使って仮想環境を利用する

【コマンドで簡単】Pythonでvenvを使って仮想環境を利用する プログラミング

Pythonで仮想環境と言えば、複数の選択肢があります。
選択肢が多すぎて、何を使えばいいのか迷いませんか?

そのような場合は、簡単でわかりやすいモノを使いましょう。
venvによる仮想環境は、まさにその条件を満たしています。

本記事の内容

  • venvとは?
  • venvによる仮想環境の作成
  • venvによる仮想環境の有効化
  • venvによる仮想環境の終了

それでは、上記に沿って解説していきます。

venvとは?

venvとは、Pythonに組み込まれている標準モジュールのことです。
標準モジュールであるため、追加で何かをインストールする必要がありません。

これは、簡単でわかりやすいです。
だって、何もしなくてもいいのですから。

では、実際に仮想環境を作成するのはどうなのでしょうか?
「簡単に仮想環境を作成・運用できるのか?」という質問ですね。

はい、これも簡単です。
日常的に利用するコマンドは以下だけ。
(※my_venvは、仮想環境の名称になります。)

作成python3 -m venv /path/my_venv
有効化source /path/my_venv/bin/active
終了deactivate

詳細は、後ほど説明します。

以上、venvが簡単でわかりやすいという説明でした。
以降では、上記で挙げた各コマンドを確認していきます。

venvによる仮想環境の作成

実際に運用する場合は、仮想環境をまとめるディレクトリを用意した方がよいでしょう。
ここでは、それを「/path」とします。

まずは、そこまで移動します。

$ cd /path

そして、次に仮想環境の名前を決めましょう。
「my_venv」という名前に決まったら、次のコマンドを実行。

$ python3 -m venv my_venv

これで仮想環境が作成できました。
「my_venv」ディレクトリが作成されています。
「my_venv」の中を確認。

$ ls  my_venv
bin  include  lib  lib64  pyvenv.cfg

いろいろと作成されていますね。

以上、venvによる仮想環境の作成を説明しました。
次は、venvによる仮想環境の有効化を行っていきましょう。

venvによる仮想環境の有効化

場所は、「/path」のままでOK。
ここで以下のコマンドを実行します。

$ source  my_venv/bin/activate

実行すると、ターミナルの表記が変更されます。

(my_venv) $

仮想環境名(=ディレクトリ名)となる「myvenv」が、表記されるのです。
このようになれば、仮想環境が有効化されていると言えます。

あとは、この仮想環境で好き放題に開発をしていきましょう。
依存関係などを恐れずに、ガンガンとpipでパッケージの検証もできます。

以上、venvによる仮想環境の有効化の説明でした。
次は、venvによる仮想環境の終了について確認しましょう。

venvによる仮想環境の終了

仮想環境を終了させるには、以下のコマンドを実行します。

(my_venv) $ deactivate

実行すると、もちろんターミナルの表記も変わります。

$

簡単ですね。
あと、ついでに削除も説明しておきます。

もし仮想環境が不要になったら、対象のディレクトリを削除します。
それだけでOK。

以上、venvによる仮想環境の終了についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました