無料版PyCharmの日本語化(初期設定)【Pythonエディタ】

無料版PyCharmの日本語化(初期設定)【Pythonエディタ】 効率化

PyCharmは、デフォルトでは英語によって表示されています。
そこで、PyCharmを快適に利用するために日本語化が必要となります。

この記事では、PyCharmを日本語化する方法を解説しています。
初期設定をするためにも、まずは日本語化からということです。

もし、まだPyCharmをインストールしていない場合は、以下の記事をご覧ください。

本記事の内容

  • PyCharmを日本語化する環境
  • PyCharmの日本語化
  • 【さらに簡単】PyCharmの日本語化

それでは、上記に沿って解説していきます。

PyCharmを日本語化する環境

重要なポイントは、以下です。

  • OS
  • Python
  • PyCharm

下記で説明していきます。

OS

Windows 10 バージョン20H2

2020年12月末時点では、最新のバージョンである20H2です。
20H2は、「October 2020 Update」に該当します。

配布は、2020年10月13日(現地時間。日本時間は翌14日の午前3時)に開始。

Python 

Pathが通っているPythonは、以下のパージョンです。

>python -V
Python 3.8.3

PyCharm

無料版であるPyCharm Community 版をインストール済み。

PyCharm

バージョンは、最新版である2020.3.1です。

PyCharmの日本語化

PyCharmの設定を行っていくためにも、まずは最初にすべきは日本語化です。
PyCharmを日本語化していれば、設定もその分だけ容易に実施できます。

それでは、PyCharmの日本語化を実施していきましょう。
まずは、PyCharmを起動します。

PyCharm起動

この画面で「Plugins」を選択。
そうすると、次の画面に切り替わります。

PyCharmのPlugins

「Type / to see options」に「japanese」と入力します。
入力している最中から、プラグインの候補が自動的に絞られます。

PyCharmのPluginsで日本語化パッケージ検索

「Japanese Language Pack / 日本語言語パック」を選択。
そして、赤丸で囲った「Install」ボタンをクリックします。

一瞬でインストールが完了して、次のように画面が切り替わります。
正確には、「Install」から「Restart IDE」にボタンが置き換わります。

PyCharmのPluginsで日本語パッケージの検索完了

どちらでもよいので、「Restart IDE」ボタンをクリック。

「Restart PyCharm to apply changes in plugins?」と確認してきます。
プラグインの変更を適用するためにPyCharmを再起動してよいかどうかの確認です。

PyCharmの再起動

もちろん、「Restart」ボタンをクリック。
PyCharmが再起動されると、日本語化が行われています。

PyCharmの日本語化成功

簡単ですね。
プラグイン形式のIDE(エディター)は、プラグインで簡単に日本語化できるケースが多いです。

【さらに簡単】PyCharmの日本語化

上記の日本語化の方法でも、十分に簡単です。
しかし、さらに簡単な方法があります。

Japanese Language Pack / 日本語言語パック

上記のページへアクセスします。

PyCharmのPluginsページ

もう、見ただけでわかりますよね。
このページからインストールができるということです。

「Install to IDE」をクリックします。

PyCharmのPluginsのバージョン選択

最新のPyCharmのバージョンが出てきています。
プラグインが対応しているバージョンが出てくるのでしょう。

今回は、最新の「PyCharm 2020.3.1」だけが表示されています。
このバージョンをクリックします。

PyCharmを起動していないなら、画面の下部に以下のメッセージが表示されます。

PyCharmのPluginsのWebページからのインストール失敗

PyCharmを起動していれば、画面の下部に以下のメッセージが表示されます。

PyCharmのPluginsのWebページからのインストール成功

同時に、PyCharmでは次のような利用規約の同意画面が表示されています。

PyCharmのPluginsの利用規約同意画面

「OK」ボタンをクリックすれば、あとは日本語化が始まるでしょう。
さらに簡単というより、便利ですよね。

このようにブログで該当プラグインのURLを載せておけば、同じモノをインストールできます。
PyCharm上でのプラグイン検索だと、確実に同じモノを選べるとは限りません。

そのような意味でも、WEBページと連動したプラグインのインストールは便利です。

タイトルとURLをコピーしました