背景や細部を描写できるアニメ系モデルのBreakDomain | ジコログ

背景や細部を描写できるアニメ系モデルのBreakDomain

背景や細部を描写できるアニメ系モデルのBreakDomain 画像生成

「背景や細部が出力された画像を生成したい」
「LoRAの効果が良く出るアニメ系のモデルを探している」

このような場合には、BreakDomainがオススメです。
この記事では、BreakDomainについて解説しています。

本記事の内容

  • BreakDomainとは?
  • BreakDomainの利用方法
  • BreakDomainの動作確認

それでは、上記に沿って解説していきます。

BreakDomainとは?

追記 2023年6月24日
BreakDomainが非公開となったようです。
理由に関しては、モデル開発者がTwitterでお知らせとして公開しています。

このような場合は、Hugging Faceでモデルを検索するのも一つの手です。
ただし、最新に更新されているかどうかはわかりませんけどね。

Page Not Found

BreakDomainは、イラスト・アニメ画像を生成できるモデルです。

公式ページにおいて、次のように記載されています。

背景や細部の緻密な描写にこだわってマージをしています。

デモ画像を見ると、そのこだわりがわかるような気がします。
このモデルの開発者は、日本人の方です。
https://twitter.com/br_d

Twitterやnoteなどで情報を発信されています。
モデルを利用する上で、日本語の情報は心強いと言えますね。

また、モデルのバージョンアップも頻度高めに実施されています。

現時点では、「_i2428」が最新となっています。

以上、BreakDomainについて説明しました。
次は、BreakDomainの利用方法を説明します。

BreakDomainの利用方法

AUTOMATIC1111版web UIでの利用を前提とします。

モデルは、Civitaiの公式ページからダウンロードします。

ボタンをクリックすると、「breakdomain_I2428.safetensors」をダウンロードできます。
ダウンロードしたファイルは、指定のディレクトリ(models/Stable-diffusion)に設置します。
web UIの起動後、以下のようにcheckpointを選択できるようになっています。

なお、このモデルにはVAEは焼き込まれていません。
モデル開発者のオススメは、vae-ft-mse-840000-ema-pruned.ckptです。

モデルにVAEを焼き込む場合は、次の記事を参考にしてください。

あとは、プロンプトを入力して画像生成を行うだけです。
BreakDomainでは、ユーザー投稿が頻繁に行われています。
それらのプロンプトを参考にすればよいでしょう。

以上、BreakDomainの利用方法を説明しました。
次は、BreakDomainの動作確認を説明します。

BreakDomainの動作確認

BreakDomainの動作確認を行います。

次のデモ画像を参考にします。
https://civitai.com/images/1151135

サイズを512 x 768の2倍にして、生成した結果は以下。

破綻しにくいモデルのようですね。
「手」も比較的綺麗に出力されています。

利用したVAEは、以下。

このVAEに関しては、次の記事内で説明しています。

LoRAとの相性も確認しておきましょう。
今回は、以下の3つを試します。

  • Rhythm Heaven Style LoRA
  • COOLKIDS
  • LowRA

上記の画像とほぼ同じ条件(LoRA適用のプロンプト以外)で生成しています。
SEEDも同じです。

結果を以下に挙げていきます。

Rhythm Heaven Style LoRA

これは、個人的にはかなり好みです。
BreakDomainの構図を残しつつ、リズム天国のスタイルが適用されています。

配色もいい感じになっています。

COOLKIDS

COOLKIDSは、適用すると破綻しがちなんですよね。
でも、BreakDomainの影響なのか、結果は破綻していません。

LowRA

背景が実写レベルになっています。
これは、不思議な結果です。

これらの結果を見ると、LoRAとの相性は良さそうと言えます。

以上、BreakDomainの動作確認を説明しました。

タイトルとURLをコピーしました