AI生成コンテンツの著作権を巡る新たな展開:北京裁判所の画期的な判決 | ジコログ

AI生成コンテンツの著作権を巡る新たな展開:北京裁判所の画期的な判決

AI生成コンテンツの著作権を巡る新たな展開:北京裁判所の画期的な判決 AI

北京インターネット裁判所によって、画期的な判決が下されました。
それは、AIによって生成されたコンテンツ(AIGC)のの著作権保護に関するモノです。

Beijing court rules AI-generated content covered by copyright, eschews US stand
The Beijing Internet Court’s decision is expected have far-reaching implications for future AI copyright disputes, which could eventually benefit Chinese Big Te...

この画期的な判決は、AI技術の進歩とそれに伴う法的な課題を浮き彫りにしています。

判決の背景

中国ではAI技術が急速に進展しています。
そして、多くの企業が業界変革や日常生活の向上のためにこの技術を活用しています。

このような状況の中、北京インターネット裁判所は、
AIによって生成された画像の著作権を巡る画期的な判決を下しました。

判決の詳細

この判決は、Stable Diffusionを使用して生成されたアジア人女性の画像が関係しています。
原告は、小紅書(Xiaohongshu)にその画像を投稿しています。
小紅書とは、中国におけるInstagramのようなプラットフォームです。

小紅書に投稿された画像を無断で使用したとして被告が訴えられました。
裁判所は、その画像を著作権で保護されるべき作品と認めました。

そのように認めた理由は、原告が画像の生成にあたり、独創性と知的投資を行ったと判断したからです。

国際的な影響

この判決は、米国のスタンスとは大きく異なります。
米国著作権局は、AIによって生成された画像は「人間の創作物ではない」と判断を下しています。
そして、AIによって生成された画像は著作権保護の対象外であると結論付けています。

一方で、中国はその真逆の判断を下しているのです。
中国は、AIコンテンツサービスに関する詳細な規制を施行しています。
しかし、技術に対して比較的支持的な姿勢を示していることが今回の判決から伺えます。

今後の展望

北京の判決は、AIコンテンツの著作権保護に関する今後の国際的な議論に影響を与える可能性があります。
この判決は、AI技術の創造的な利用とその法的な枠組みの重要性を示しています。

これにより、AI技術の進歩とともに、法的な規制と保護のバランスをとる必要性が高まることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました