Ubuntu 20.04 LTSに最新版MariaDBをインストールする | ジコログ

Ubuntu 20.04 LTSに最新版MariaDBをインストールする

Ubuntu 20.04 LTSに最新版MariaDBをインストールする サーバー

Ubuntu 20.04には、MariaDB 10.3系がaptでインストールされます。
それではなく最新のMariaDBをインストールしたい場合は 、この記事をご覧ください。

本記事の内容

  • OS標準のMariaDB
  • 最新版MariaDBのインストール
  • MariaDBの動作確認

それでは、上記に沿って解説していきます。

OS標準のMariaDB

Ubuntuには、OS標準のソフトウェアが存在しています。
MySQLのような人気ソフトウェアなら、ほぼ確実にOS標準が存在します。

「MariaDBはどうなのか?」と思いましたが、ちゃんと存在しています。
と言うのも、マイナーなソフトであれば、OS標準が用意されていないこともあるのです。

その点では、MariaDBはもう十分に認知された存在なのかもしれません。
今回は、次のUbuntuバージョンで検証しています。

$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu 
DISTRIB_RELEASE=20.04 
DISTRIB_CODENAME=focal 
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20.04.1 LTS"

Ubuntu 20.04のOS標準となるMariaDBは、以下のコマンドで確認できます。

$ sudo apt info mariadb-server 
Package: mariadb-server 
Version: 1:10.3.31-0ubuntu0.20.04.1 
Priority: optional 
Section: universe/database 
Source: mariadb-10.3 
Origin: Ubuntu 
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com> 
Original-Maintainer: Debian MySQL Maintainers <pkg-mysql-maint@lists.alioth.debian.org> 
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug 
Installed-Size: 68.6 kB 
Depends: mariadb-server-10.3 (>= 1:10.3.31-0ubuntu0.20.04.1) 
Homepage: https://mariadb.org/ 
Download-Size: 12.7 kB 
APT-Sources: http://archive.ubuntu.com/ubuntu focal-updates/universe amd64 Packages 
Description: MariaDB database server (metapackage depending on the latest version) 
 This is an empty package that depends on the current "best" version of 
 mariadb-server (currently mariadb-server-10.3), as determined by the MariaDB 
 maintainers. Install this package if in doubt about which MariaDB 
 version you need. That will install the version recommended by the 
 package maintainers. 
 . 
 MariaDB is a fast, stable and true multi-user, multi-threaded SQL database 
 server. SQL (Structured Query Language) is the most popular database query 
 language in the world. The main goals of MariaDB are speed, robustness and 
 ease of use.

10.3.xが、Ubuntu 20.04のOS標準になります。
OS標準のソフトウェアは、UbuntuのOSバージョン毎に用意されています。
バージョンがOS毎に用意されているということです。

UbuntuMariaDB
18.0410.1.x
20.0410.3.x
21.0410.5.x

ちなみに、MariaDBの最新バージョンは10.6.xです。
そして、マイナーバージョンアップは各バージョン毎に継続されています。

以上、OS標準のMariaDBについて説明しました。
次は、最新版のMariaDBをインストールしていきます。

最新版MariaDBのインストール

インストールは、リポジトリを更新することで対応します。
aptで認識できるMariaDBを最新のモノに置き換えるということです。

その手順は、次のページで説明されています。
https://mariadb.org/download/

上記にアクセスすると、次のような画面が表示されます。

リポジトリを更新してインストールするので、「MariaDB Repositories」タブを選択します。
次のように画面が切り替わります。

まずは、ディストリビューションを選択します。
ディストリビューションを選択すると、MariaDBのバージョンを選べるようになります。

Mirrorは、自動で選択されています。
おそらく、現在位置から最寄りの場所にあるサーバーが選択されているのでしょう。
韓国のサーバーが選ばれている状態です。

選択した条件によって、コマンドが表示されます。

sudo apt-get install software-properties-common dirmngr apt-transport-https 
sudo apt-key adv --fetch-keys 'https://mariadb.org/mariadb_release_signing_key.asc' 
sudo add-apt-repository 'deb [arch=amd64,arm64,ppc64el] https://mirror.yongbok.net/mariadb/repo/10.6/ubuntu focal main'

上記コマンドにより、リポジトリへの登録が行われます。
リポジトリへの登録が完了したら、パッケージ一覧を更新します。

sudo apt update

この時点で、aptで認識できるMariaDBを確認しましょう。

$ sudo apt info mariadb-server 
Package: mariadb-server 
Version: 1:10.6.4+maria~focal 
Priority: optional 
Section: database 
Source: mariadb-10.6 
Maintainer: MariaDB Developers <maria-developers@lists.launchpad.net> 
Installed-Size: 10.2 kB 
Depends: mariadb-server-10.6 (>= 1:10.6.4+maria~focal) 
Homepage: https://mariadb.org/ 
Download-Size: 2,828 B 
APT-Sources: https://mirror.yongbok.net/mariadb/repo/10.6/ubuntu focal/main arm64 Packages 
Description: MariaDB database server (metapackage depending on the latest version) 
 This is an empty package that depends on the current "best" version of 
 mariadb-server (currently mariadb-server-10.6), as determined by the MariaDB 
 maintainers. Install this package if in doubt about which MariaDB 
 version you need. That will install the version recommended by the 
 package maintainers. 
 . 
 MariaDB is a fast, stable and true multi-user, multi-threaded SQL database 
 server. SQL (Structured Query Language) is the most popular database query 
 language in the world. The main goals of MariaDB are speed, robustness and 
 ease of use.

OS標準であるMariaDB 10.3系から、MariaDB 10.6系に変更されています。
では、あとはインストールするだけです。

sudo apt install mariadb-server

上記を実行すると、「続行しますか? [Y/n]」と聞かれます。
「Y」と入力して、Enter。
処理がエラーなく終了したら、MariaDBのインストールは完了です。

以上、最新版MariaDBのインストールについての説明でした。
最後は、MariaDBの動作確認を行います。

MariaDBの動作確認

まずは、MariaDBに接続します。

sudo mariadb

接続できたら、次にクエリを実行します。

MariaDB [(none)]> select version(); 
+-------------------------------------+ 
| version()                           | 
+-------------------------------------+ 
| 10.6.4-MariaDB-1:10.6.4+maria~focal | 
+-------------------------------------+ 
1 row in set (0.000 sec)

MariaDB 10.6.4がインストールされていることを確認できます。
MariaDBのバージョン確認については、次の記事でまとめています。

バージョンは、クライアントとサーバーでそれぞれに存在しています。
それらの区別について、DB初心者でもわかるように上記の記事で説明しています。

以上、MariaDBの動作確認について説明しました。

タイトルとURLをコピーしました