Ubuntu 20.04 LTSにFFmpegをインストールする

Ubuntu 20.04 LTSにFFmpegをインストールする サーバー

この記事では、Ubuntu 20.04 LTSにFFmpegをインストールする方法を解説しています。

本記事の内容

  • OS標準のFFmpeg
  • FFmpegのインストール
  • FFmpegの動作確認

それでは、上記に沿って解説していきます。

OS標準のFFmpeg

Ubuntuには、OS標準のソフトウェアが存在しています。
FFmpegのような人気ソフトであれば、ほぼ確実にOS標準が存在します。

マイナーなソフトであれば、OS標準のモノは存在しないこともあります。
ただ、このあたりの基準はよくわかりませんけどね。

では、OS標準のソフトウェアがあるかないかでどう違うのでしょうか?
それは、インストールの際に関係してきます。

OS標準のソフトウェアは、aptコマンドで簡単にインストールできます。
例えば、FFmpegの場合を確認してみましょう。

$ sudo apt info ffmpeg
Package: ffmpeg
Version: 7:4.2.4-1ubuntu0.1
Priority: optional
Section: universe/video
Origin: Ubuntu
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com>
Original-Maintainer: Debian Multimedia Maintainers <debian-multimedia@lists.debian.org>
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug
Installed-Size: 2,058 kB
Depends: libavcodec58 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1), libavdevice58 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1), libavfilter7 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1), libavformat58 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1), libavresample4 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1), libavutil56 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1), libc6 (>= 2.29), libpostproc55 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1), libsdl2-2.0-0 (>= 2.0.10), libswresample3 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1), libswscale5 (= 7:4.2.4-1ubuntu0.1)
Suggests: ffmpeg-doc
Breaks: libav-tools (<< 6:12~~), qt-faststart (<< 7:2.7.1-3~), winff (<< 1.5.5-5~)
Replaces: libav-tools (<< 6:12~~), qt-faststart (<< 7:2.7.1-3~)
Homepage: https://ffmpeg.org/
Task: ubuntustudio-video, ubuntustudio-audio, ubuntukylin-desktop, ubuntu-mate-desktop, ubuntu-budgie-desktop
Download-Size: 1,453 kB
APT-Manual-Installed: yes
APT-Sources: http://archive.ubuntu.com/ubuntu focal-updates/universe amd64 Packages
Description: Tools for transcoding, streaming and playing of multimedia files
FFmpeg は先端的マルチメディアフレームワークです。人間と機械が作成した ものの大部分をデコード、エンコード、トランスコー ド、マルチプレクス、
デマルチプレクス、ストリーム、フィルタ、再生することができます。ほとんど 知られていない古代のフォーマットから、最先端のフォーマットまでをサポート
します。
.
This package contains:
  * ffmpeg: a command line tool to convert multimedia files between formats
  * ffplay: a simple media player based on SDL and the FFmpeg libraries
  * ffprobe: a simple multimedia stream analyzer
  * qt-faststart: a utility to rearrange Quicktime files

FFmpegのパッケージを、デフォルトで探すことができました。
こうなれば、もうすぐにaptコマンドでインストールできます。

ただし、OS標準ではないソフトウェアもaptコマンドでインストール可能です。
そのためには、リポジトリの登録が必要となります。

このような例として、Elasticsearchがあります。
リポジトリの登録などは、次の記事で解説しています。

ここまでの記述により、OS標準のFFmpegが理解できたと思います。
なお、OS標準のソフトウェアはUbuntuのバージョン毎に指定される形になります。

Ubuntu 20.04 LTSであれば、FFmpeg 4.2.4が指定されています。
そして、このFFmpeg 4.2.4は2020年7月9日にリリースされています。

また、最新版のFFmpeg 4.4は2021年4月8日にリリース済みです。
この最新版をインストールする手もあります。

しかし、今回はOS標準のFFmpeg 4.2.4をインストールします。
機能的にも、それほど差はありません。
つまり、どっちでも一緒という認識です。

以上、OS標準のFFmpegについての説明でした。
次は、FFmpegのインストールを行っていきます。

FFmpegのインストール

まずは、パッケージリストの更新です。
次のコマンドは、おまじないのようなモノと考えましょう。

$ sudo apt-get update

では、OS標準のFFmpegをインストールします。

$ sudo apt-get -y install ffmpeg

結構時間がかかります。
しかし、OS標準であれば、安心してインストールができます。

基本的には、エラーはありません。
aptで適切にインストールをしていれば、依存関係でも大きな問題はないでしょう。

以上、FFmpegのインストールの説明でした。
最後は、FFmpegの動作確認を行います。

FFmpegの動作確認

ffmpegコマンドの動作を確認します。
以下は、単純にFFmpegのバージョンを確認するコマンドです。

$ ffmpeg -version
ffmpeg version 4.2.4-1ubuntu0.1 Copyright (c) 2000-2020 the FFmpeg developers
built with gcc 9 (Ubuntu 9.3.0-10ubuntu2)
configuration: --prefix=/usr --extra-version=1ubuntu0.1 --toolchain=hardened --libdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu --incdir=/usr/include/x86_64-linux-gnu --arch=amd64 --enable-gpl --disable-stripping --enable-avresample --disable-filter=resample --enable-avisynth --enable-gnutls --enable-ladspa --enable-libaom --enable-libass --enable-libbluray --enable-libbs2b --enable-libcaca --enable-libcdio --enable-libcodec2 --enable-libflite --enable-libfontconfig --enable-libfreetype --enable-libfribidi --enable-libgme --enable-libgsm --enable-libjack --enable-libmp3lame --enable-libmysofa --enable-libopenjpeg --enable-libopenmpt --enable-libopus --enable-libpulse --enable-librsvg --enable-librubberband --enable-libshine --enable-libsnappy --enable-libsoxr --enable-libspeex --enable-libssh --enable-libtheora --enable-libtwolame --enable-libvidstab --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libwavpack --enable-libwebp --enable-libx265 --enable-libxml2 --enable-libxvid --enable-libzmq --enable-libzvbi --enable-lv2 --enable-omx --enable-openal --enable-opencl --enable-opengl --enable-sdl2 --enable-libdc1394 --enable-libdrm --enable-libiec61883 --enable-nvenc --enable-chromaprint --enable-frei0r --enable-libx264 --enable-shared
libavutil      56. 31.100 / 56. 31.100
libavcodec     58. 54.100 / 58. 54.100
libavformat    58. 29.100 / 58. 29.100
libavdevice    58.  8.100 / 58.  8.100
libavfilter     7. 57.100 /  7. 57.100
libavresample   4.  0.  0 /  4.  0.  0
libswscale      5.  5.100 /  5.  5.100
libswresample   3.  5.100 /  3.  5.100
libpostproc    55.  5.100 / 55.  5.100

上記のような結果となれば、FFmpegが適切にインストールされていると言えます。

FFmpegの動作確認としては、これで十分でしょう。
以上、FFmpegの動作確認を説明しました。

タイトルとURLをコピーしました