Ubuntu 21.04にFFmpegをインストールする | ジコログ

Ubuntu 21.04にFFmpegをインストールする

Ubuntu 21.04にFFmpegをインストールする サーバー

この記事では、Ubuntu 21.04にFFmpegをインストールする方法を解説しています。

本記事の内容

  • OS標準のFFmpeg
  • FFmpegのインストール
  • FFmpegの動作確認

それでは、上記に沿って解説していきます。

OS標準のFFmpeg

Ubuntuには、OS標準のソフトウェアが存在しています。
FFmpegのような人気ソフトであれば、ほぼ確実にOS標準が存在します。

マイナーなソフトであれば、OS標準が用意されていない場合もあります。
正直、その辺の違いはよくわかりません。

そして、今回は次のOSをもとに検証を進めていきます。
Ubuntu 21.04です。

$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu 
DISTRIB_RELEASE=21.04 
DISTRIB_CODENAME=hirsute 
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 21.04"

Ubuntu 20.04 LTSの場合は、次の記事をご覧ください。

では、Ubuntu 21.04におけるFFmpegの状況を確認しましょう。
もちろん、Ubuntu 21.04にはOS標準のFFmpegが用意されています。

$ sudo apt info ffmpeg 
Package: ffmpeg 
Version: 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1 
Priority: optional 
Section: universe/video 
Origin: Ubuntu 
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com> 
Original-Maintainer: Debian Multimedia Maintainers <debian-multimedia@lists.debian.org> 
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug 
Installed-Size: 2176 kB 
Depends: libavcodec58 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1), libavdevice58 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1), libavfilter7 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1), libavformat58 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1), libavresample4 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1), libavutil56 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1), libc6 (>= 2.29), libpostproc55 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1), libsdl2-2.0-0 (>= 2.0.12), libswresample3 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1), libswscale5 (= 7:4.3.2-0+deb11u1ubuntu1) 
Suggests: ffmpeg-doc 
Breaks: libav-tools (<< 6:12~~), qt-faststart (<< 7:2.7.1-3~), winff (<< 1.5.5-5~) 
Replaces: libav-tools (<< 6:12~~), qt-faststart (<< 7:2.7.1-3~) 
Homepage: https://ffmpeg.org/ 
Task: ubuntustudio-video, ubuntustudio-audio, ubuntukylin-desktop, ubuntu-mate-desktop, ubuntu-budgie-desktop, ubuntu-budgie-desktop-raspi 
Download-Size: 1546 kB 
APT-Sources: http://archive.ubuntu.com/ubuntu hirsute/universe amd64 Packages 
Description: Tools for transcoding, streaming and playing of multimedia files 
 FFmpeg is the leading multimedia framework, able to decode, encode, transcode, 
 mux, demux, stream, filter and play pretty much anything that humans and 
 machines have created. It supports the most obscure ancient formats up to the 
 cutting edge. 
 . 
 This package contains: 
  * ffmpeg: a command line tool to convert multimedia files between formats 
  * ffplay: a simple media player based on SDL and the FFmpeg libraries 
  * ffprobe: a simple multimedia stream analyzer 
  * qt-faststart: a utility to rearrange Quicktime files

FFmpegのパッケージを、デフォルトで探すことができました。
デフォルトとは、リポジトリを追加せずにということです。

リポジトリを追加すれば、マイナーなソフトウェアでもaptでインストールできるようになります。
その例として、Elasticsearchが存在しています。

ここまでの内容により、OS標準のソフトウェアについて理解が進んだはずです。
さらに追加情報として、OS標準のソフトウェアはUbuntuのOSバージョン毎に用意されています。

UbuntuFFmpeg
18.043.4.8
20.044.2.4
21.044.3.2

FFmpeg 4.3.2は、2021年2月20日にリリースされています。
最新が FFmpeg 4.4となり、FFmpeg 4.3.2はその一つ前のバージョンになります。

ほぼ最新と言えるでしょう。
それに、FFmpegはWebサーバーのように直接外部へ公開するようなモノではありません。

そのため、そこまでセキュリティを意識して最新バージョンを求める必要性もないと考えています。
よって、FFmpeg 4.3.2でも何も問題ありません。

以上、OS標準のFFmpegについての説明でした。
次は、FFmpegのインストールを行っていきます。

FFmpegのインストール

まずは、パッケージリストの更新です。
次のコマンドは、aptコマンドを使う際には必須と考えておきましょう

$ sudo apt-get update

では、OS標準のFFmpegをインストールします。

$ sudo apt-get -y install ffmpeg

インストールには、数分程度の時間がかかります。
それだけ時間がかかると心配になりますね。

ただ、そこはOS標準のソフトウェアのインストールです。
次のように、何事もなかったかのようにインストールは成功します。

Running kernel seems to be up-to-date. 
No services need to be restarted. 
No containers need to be restarted. 
No user sessions are running outdated binaries.

以上、FFmpegのインストールの説明でした。
最後は、FFmpegの動作確認を行います。

FFmpegの動作確認

ffmpegコマンドの動作を確認します。
以下は、FFmpegのバージョンを確認するコマンドです。

$ ffmpeg -version 
ffmpeg version 4.3.2-0+deb11u1ubuntu1 Copyright (c) 2000-2021 the FFmpeg developers 
built with gcc 10 (Ubuntu 10.2.1-20ubuntu1) 
configuration: --prefix=/usr --extra-version=0+deb11u1ubuntu1 --toolchain=hardened --libdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu --incdir=/usr/include/x86_64-linux-gnu --arch=amd64 --enable-gpl --disable-stripping --enable-avresample --disable-filter=resample --enable-gnutls --enable-ladspa --enable-libaom --enable-libass --enable-libbluray --enable-libbs2b --enable-libcaca --enable-libcdio --enable-libcodec2 --enable-libdav1d --enable-libflite --enable-libfontconfig --enable-libfreetype --enable-libfribidi --enable-libgme --enable-libgsm --enable-libjack --enable-libmp3lame --enable-libmysofa --enable-libopenjpeg --enable-libopenmpt --enable-libopus --enable-libpulse --enable-librabbitmq --enable-librsvg --enable-librubberband --enable-libshine --enable-libsnappy --enable-libsoxr --enable-libspeex --enable-libsrt --enable-libssh --enable-libtheora --enable-libtwolame --enable-libvidstab --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libwavpack --enable-libwebp --enable-libx265 --enable-libxml2 --enable-libxvid --enable-libzmq --enable-libzvbi --enable-lv2 --enable-omx --enable-openal --enable-opencl --enable-opengl --enable-sdl2 --enable-pocketsphinx --enable-libmfx --enable-libdc1394 --enable-libdrm --enable-libiec61883 --enable-nvenc --enable-chromaprint --enable-frei0r --enable-libx264 --enable-shared 
libavutil      56. 51.100 / 56. 51.100 
libavcodec     58. 91.100 / 58. 91.100 
libavformat    58. 45.100 / 58. 45.100 
libavdevice    58. 10.100 / 58. 10.100 
libavfilter     7. 85.100 /  7. 85.100 
libavresample   4.  0.  0 /  4.  0.  0 
libswscale      5.  7.100 /  5.  7.100 
libswresample   3.  7.100 /  3.  7.100 
libpostproc    55.  7.100 / 55.  7.100

事前に確認した通り、FFmpeg 4.3.2がインストールされています。
aptコマンドでのインストールは、本当に安心して行うことができます。

それも、OS標準のソフトウェアであれば、さらに安心感UPです。

タイトルとURLをコピーしました