Ubuntu 22.04 LTSへのJava(OpenJDK)のインストール | ジコログ

Ubuntu 22.04 LTSへのJava(OpenJDK)のインストール

Ubuntu 22.04 LTSへのJava(OpenJDK)のインストール サーバー

「UbuntuでJavaを動かしたい」
「Ubuntu 22.04 LTSにJavaをインストールしたい」

このような場合には、この記事の内容が参考となります。
この記事では、Ubuntu 22.04 LTSにJava(OpenJDK)をインストールする方法を解説しています。

本記事の内容

  • Javaのインストール状況の確認
  • Ubuntu 22.04におけるデフォルトOpenJDK
  • バージョン指定によるOpenJDKのインストール

それでは、上記に沿って解説していきます。

Javaのインストール状況の確認

検証するOSは、以下となります。

$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu 
DISTRIB_RELEASE=22.04 
DISTRIB_CODENAME=jammy 
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 22.04 LTS"

Ubuntu 22.04 LTSの初期設定などについては、次の記事で説明しています。

Ubuntu 22.04では、デフォルトでJavaがインストールされていません。
最初にそのことを確認します。

確認方法は、以下のコマンドで行います。

$ java --version 
コマンド 'java' が見つかりません。次の方法でインストールできます: 
apt install default-jre              # version 2:1.11-72build2, or 
apt install openjdk-11-jre-headless  # version 11.0.15+10-0ubuntu0.22.04.1 
apt install openjdk-18-jre-headless  # version 18~36ea-1 
apt install openjdk-8-jre-headless   # version 8u312-b07-0ubuntu1 
apt install openjdk-17-jre-headless  # version 17.0.3+7-0ubuntu0.22.04.1 
Ask your administrator to install one of them.

上記のように表示されれば、Javaは未インストールです。

以上、Javaのインストール状況の確認について説明しました。
次は、Ubuntu 22.04におけるデフォルトOpenJDKのインストールを説明します。

Ubuntu 22.04におけるデフォルトOpenJDK

Ubuntu 22.04におけるデフォルトのOpenJDKを確認します。

$ sudo apt show default-jdk 
Package: default-jdk 
Version: 2:1.11-72build2 
Priority: optional 
Section: devel 
Source: java-common (0.72build2) 
Origin: Ubuntu 
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com> 
Original-Maintainer: Debian Java Maintainers <pkg-java-maintainers@lists.alioth.debian.org> 
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug 
Installed-Size: 6,144 B 
Provides: java-sdk, java10-sdk, java11-sdk, java2-sdk, java5-sdk, java6-sdk, java7-sdk, java8-sdk, java9-sdk 
Depends: default-jre (= 2:1.11-72build2), default-jdk-headless (= 2:1.11-72build2), openjdk-11-jdk 
Homepage: https://wiki.debian.org/Java/ 
Cnf-Extra-Commands: javac,javadoc,jar 
Download-Size: 908 B 
APT-Sources: http://archive.ubuntu.com/ubuntu jammy/main amd64 Packages 
Description: Standard Java or Java compatible Development Kit 
 This dependency package points to the Java runtime, or Java compatible 
 development kit recommended for this architecture, which is 
 openjdk-11-jdk for amd64.

openjdk-11-jdkが、デフォルトのOpenJDKとして設定されています。
Java 11で問題なければ、そのまま以下のコマンドでJava 11をインストールできます。

sudo apt install -y default-jdk

ただ、Java 11はもう結構古くなっています。
例えば、Elasticsearch 8ではJava 17が必須となっています。

そのような場合は、Java 17に対応しているOpenJDKをインストールする必要があります。
そのための方法を以下で説明します。

バージョン指定によるOpenJDKのインストール

まずは、aptコマンドでインストール可能なOpenJDKを探します。

$ sudo apt search "^openjdk.*jdk$" 
ソート中... 完了 
全文検索... 完了 
openjdk-11-jdk/jammy-updates,jammy-security 11.0.15+10-0ubuntu0.22.04.1 amd64 
  OpenJDK Development Kit (JDK) 
openjdk-17-jdk/jammy-updates,jammy-security 17.0.3+7-0ubuntu0.22.04.1 amd64 
  OpenJDK Development Kit (JDK) 
openjdk-18-jdk/jammy 18~36ea-1 amd64 
  OpenJDK Development Kit (JDK) 
openjdk-8-jdk/jammy 8u312-b07-0ubuntu1 amd64 
  OpenJDK Development Kit (JDK)

先ほど触れたJava 17が必要であれば、openjdk-17-jdkをインストールすることになります。

$ sudo apt show openjdk-17-jdk 
Package: openjdk-17-jdk 
Version: 17.0.3+7-0ubuntu0.22.04.1 
Priority: optional 
Section: universe/java 
Source: openjdk-17 
Origin: Ubuntu 
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com> 
Original-Maintainer: OpenJDK Team <openjdk-17@packages.debian.org> 
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug 
Installed-Size: 55.3 kB 
Provides: java-compiler, java-sdk, java10-sdk, java11-sdk, java12-sdk, java13-sdk, java14-sdk, java15-sdk, java16-sdk, java17-sdk, java2-sdk, java5-sdk, java6-sdk, java7-sdk, java8-sdk, java9-sdk 
Depends: openjdk-17-jre (= 17.0.3+7-0ubuntu0.22.04.1), openjdk-17-jdk-headless (= 17.0.3+7-0ubuntu0.22.04.1), libc6 (>= 2.34) 
Recommends: libxt-dev 
Suggests: openjdk-17-demo, openjdk-17-source, visualvm 
Homepage: https://openjdk.java.net/ 
Download-Size: 10.8 kB 
APT-Sources: http://archive.ubuntu.com/ubuntu jammy-updates/universe amd64 Packages 
Description: OpenJDK Development Kit (JDK) 
 OpenJDK は Java プログラミング言語を用いたアプリケーションやアプレット、コンポーネントを構築するための開発環境です。

インストールには、以下のコマンドを利用します。

$ sudo apt update  
$ sudo apt install -y openjdk-17-jdk

インストールには、それなりに時間がかかります。
インストール完了まで、気長に待ちましょう。

インストールが完了したら、バージョン確認のコマンドを実行します。

$ java --version 
openjdk 17.0.3 2022-04-19 
OpenJDK Runtime Environment (build 17.0.3+7-Ubuntu-0ubuntu0.22.04.1) 
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 17.0.3+7-Ubuntu-0ubuntu0.22.04.1, mixed mode, sharing) 

「openjdk 17」がインストールされていることを確認できます。
以上、バージョン指定によるOpenJDKのインストールを説明しました。

タイトルとURLをコピーしました