【簡単】LabelImg(アノテーションツール)のインストール

【簡単】LabelImg(アノテーションツール)のインストール データ分析

LabelImgのインストールは、わかりにくいです。
特にWindowsの場合、混乱しそうな手順となっています。

「pyrcc5 -o libs/resources.py resources.qrc」

上記は、日本語にローカライズしたい場合のみ必要な処理です。
正直、日本語にする必要はありません。

そもそも、GitHubからLabelImgのソースをダウンロードする必要もありません。
C++さえ動けば、pipコマンドだけでLabelImgのインストールが可能です。
(※コンパイルまでは不要)

本記事の内容

  • LabelImgとは?
  • LabelImgのシステム要件
  • LabelImgのインストール
  • LabelImgの動作確認

それでは、上記に沿って解説していきます。

LabelImgとは?

LabelImgは、グラフィカルな アノテーション(画像注釈)ツールです。
Pythonで書かれており、グラフィカルなインターフェースにはQtを使用しています。

アノテーションは、以下の形式で保存可能です。

  • PASCAL VOC形式(xml)
  • YOLO形式(txt)
  • CreateML形式(json)

上記の形式を見ればわかるように、機械学習で用いる場面が多くなります。
学習用データの作成ということになるでしょう。

例えば、LabelImgで作成した学習用データはYOLOv5で利用可能です。

以上、LabelImgについての説明でした。
次は、LabelImgのシステム要件を確認します。

LabelImgのシステム要件

現時点(2021年8月)でのLabelImgの最新バージョンは、1.8.5となります。
この最新バージョンは、2021年4月12日にリリースされています。

LabelImgのシステム要件として、以下がポイントとなります。

  • OS
  • Python
  • PyQt5

それぞれを下記で説明します。

OS

サポートOSに関しては、以下を含むクロスプラットフォーム対応です。

  • Windows
  • macOS
  • Linux

Pythonが動けば、どんなOSでもOKということでしょう。

Python

サポート対象となるPythonのバージョンは、以下。

  • Python 3.3
  • Python 3.4
  • Python 3.5
  • Python 3.6
  • Python 3.7

上記が、setup.pyには記載されています。
しかし、次のような記述もあります。

REQUIRES_PYTHON = '>=3.0.0'

つまり、Python 3系であればOKということです。
しかし、Python 3.6以降を用意すべきでしょう。

以下は、Pythonの公式開発サイクルとなります。

バージョンリリース日サポート期限
3.62016年12月23日2021年12月
3.72018年6月27日2023年6月
3.82019年10月14日2024年10月
3.92020年10月5日2025年10月

まずは、上記の公式開発サイクルに従うべきということがあります。
そして、Python 3.6以降にすべき理由がもう一つあります。

それは、システム要件であるPyQt5にあります。

PyQt5

PyQt5により、LabelImgのGUIが作成されています。
PyQt5については、次の記事で説明しています。
(※事前にインストールする必要はありません)

そして、現時点で最新となるPyQt5のバージョンは、5.15.4です。
この最新バージョンでは、Python 3.6以降を必須としています。

このことが、もう一つのPython 3.6以降を用意すべき理由となります。

まとめ

注意すべきなのは、Pythonのバージョンとなります。
Python 3.6以降が最低限でも必要と考えるべきでしょう。

もっと言うと、最新版のPythonを用意しましょう。
Pythonのアップグレードは、簡単に行うことができます。

あと、PyQt5(正確にはQt)は、C++ベースで動きます。
そのため、C++が動く環境が必要です。
Windowsの場合、「Microsoft Visual C++ Redistributable」のインストールが必須と言えます。

以上、LabelImgのシステム要件を説明しました。
次は、LabelImgをインストールしていきましょう。

LabelImgのインストール

まずは、現状のインストール済みパッケージを確認しておきます。

>pip list 
Package    Version 
---------- ------- 
pip        21.2.4 
setuptools 57.4.0

次にするべきことは、pipとsetuptoolsの更新です。
pipコマンドを使う場合、常に以下のコマンドを実行しておきましょう。

python -m pip install --upgrade pip setuptools

では、LabelImgのインストールです。
LabelImgのインストールは、以下のコマンドとなります。

pip install labelImg

インストールは、すぐに終わります。
では、どんなパッケージがインストールされたのかを確認しましょう。

>pip list 
Package    Version 
---------- ------- 
labelImg   1.8.5 
lxml       4.6.3 
pip        21.2.4 
PyQt5      5.15.4 
PyQt5-Qt5  5.15.2 
PyQt5-sip  12.9.0 
setuptools 57.4.0

labelImgとともに、PyQt5関連とlxml のパッケージがインストールされました。

以上、LabelImgのインストールの説明でした。
最後に、LabelImgの動作確認を行います。

LabelImgの動作確認

LabelImgの起動は、次のコマンドで行います。

labelImg

上記を実行すると、次の画面が立ち上がります。

この画面を確認できれば、動作確認としては問題ありません。
LabelImgの使い方に関しては、別途まとめてみたいと思います。

以上、LabelImgの動作確認について説明しました。

タイトルとURLをコピーしました