【Linux】画像編集ツールはPintaとKritaのどっち?

【Linux】画像編集ツールはPintaとKritaはどっち? 比較

「Linuxのデスクトップですぐに使える画像編集ツールを探している」
「LubuntuでPintaとKritaのどちらを使おうか迷っている」

このような場合には、この記事が参考になります。
この記事では、PintaとKritaのどちらを使うべきかを解説しています。

本記事の内容

  • Ubuntuの簡易画像編集ツール
  • PintaかKritaのどちらを使うべきなのか?
  • 【結論】Kritaを使いましょう

それでは、上記に沿って解説していきます。

Ubuntuの簡易画像編集ツール

今回は、Ubuntuで簡単な画像編集を行う場合に役立つツールを探しています。
そのため、高機能なGIMPは対象外とします。

簡単に調べると、次の2つが有力候補として出てきます。
もちろん、オープンソースであることは大前提です。

  • Pinta
  • Krita

まずは、簡単に情報を確認しましょう。

名称初版リリース最新版フレームワーク
Pinta2010年2月7日1.7.1 / 2021年11月21日GTK
Krita2005年6月21日4.4.8 / 2021年8月24日Qt

個人的には、Pintaを使っている人が多いようなイメージです。
あくまで、「Ubuntu 画像編集ツール」で調べた結果ですけどね。

それなら、客観的なデータで調べてみましょう。

PintaかKritaのどちらを使うべきなのか?

今回は、次のサイト・サービスを使って調べます。

  • Googleトレンド
  • キーワードプランナー(Google広告)
  • GitHub

Googleトレンド

相対的な検索ボリュームを比較してみましょう。
その際の条件は、以下。

この条件で調べた結果は、次のようになりました。

Kritaの方が、検索されている傾向があります。
ただ、直近ではPintaの方に勢いがあったようです。

キーワードプランナー(Google広告)

キーワードプランナーを利用して、具体的な数値を確認します。

直近3ヶ月の推移で見ると、Pintaに勢いがあります。
また、前年比の推移で見るとPintaとKritaは互角です。

しかし、約2200件ほどの検索ボリュームの差は大きいと言えます。

GitHub

GitHubでは、Starの数を確認します。
開発者からの支持があれば、それだけよいソフトウェアと言えそうです。

Kritaは、Pintaの3倍以上のStarを集めています。
PintaよりもKritaの方が、開発者から支持されていると言えます。

まとめ

客観的なデータが、集まりました。
その結果を見れば、ほぼ結論は出ています。

最後に、その結論と補足情報を説明します。

【結論】Kritaを使いましょう

結論は、「Kritaをインストールして使う」となります。
次の調査結果すべてにおいて、Kritaが勝っていました。

  • Googleトレンド
  • キーワードプランナー(Google広告)
  • GitHub

確かに、調査結果は判断材料になります。
それに加えて、フレームワーク(ツールキット)も重要なポイントです。

Kritaは、Qtベースで開発されています。
LinuxでGUIと言えば、Qtと言っても差し支えがないぐらいです。

以下は、QtとGTKをGoogleトレンドで比較した結果となります。

Qtの圧勝という結果です。
この結果からも、PintaよりもKritaを利用すべきと言えます。

以上より、この記事ではKritaをオススメしています。
しかし、ツールでは本人の感覚も無視できません。

操作してみての感覚や、見た目の好き嫌いもあるでしょう。
主観的な部分ですね。

Kritaを使ってみて合わないなら、Pintaを使うという選択肢もあります。
Pintaも駄目なら、KolourPaintも試してみるのもよいでしょう。

とにかく、各人が使いやすいことが一番だと思います。
そうは言っても、それだと非効率です。

だからこそ、最も良いと思われるモノをまずは提案します。
そして、それは主観に頼らず、客観的なデータに基づいています。

追記 2021年11月26日
Kritaのインストールについて、次の記事で説明しています。

タイトルとURLをコピーしました