【Stable Diffusion】ピクセルアート・ドット絵を生成できるLoRA | ジコログ

【Stable Diffusion】ピクセルアート・ドット絵を生成できるLoRA

【Stable Diffusion】ピクセルアート・ドット絵を生成できるLoRA 画像生成

「Pixilartを簡単に生成したい」
「Stable Diffusionでドット絵を生成したい」

このような場合には、Pixel Portraitがオススメです。
この記事では、Pixel Portraitについて解説しています。

本記事の内容

  • Pixel Portraitとは?
  • Pixel Portraitの利用方法
  • Pixel Portraitの動作確認

それでは、上記に沿って解説していきます。

Pixel Portraitとは?

Pixel Portrait - v1.0 | Stable Diffusion LoRA | Civitai
Pixel Art Portraits Consider supporting further research on Patreon or Twitter Checkout my other models at RetroDiffusion Trained with 64x64 sample...

Pixel Portraitとは、ピクセルアートやドット絵と言われる画像を生成できるLoRAです。
Civitaiの公式ページでは、次のようなデモ画像が公開されています。

昔のゲームですよね。
でも、返って新鮮に見えてしまうところがあります。

まだまだ、Webのコンテンツなどでは全然使えそうに感じます。
今なら、チャットボットのキャラなどでも使えそうです。

以上、Pixel Portraitについて説明しました。
次は、Pixel Portraitの利用方法を説明します。

Pixel Portraitの利用方法

Pixel Portraitの利用方法を説明します。
ここでは、AUTOMATIC1111版web UIの利用を前提に説明を行います。

まず、Civitai上の公式ページからファイルをダウンロードします。

上記ボタンをクリックすると、「pixel-portrait-v1.safetensors」というファイルをダウンロードできます。
現時点でのPixel Portraitのバージョンは、v1.0となります。

ダウンロードしたファイルの設置場所は、「models\Lora」ディレクトリです。
LoRAの利用方法の詳細は、次の記事で説明しています。

ファイルを設置できたら、web UIを再起動します。(最も確実)
これでPixel Portraitが読み込まれたはずです。

Pixel Portraitを利用するには、プロンプトに以下を追加します。
ここは、ダウンロードしたファイル名に合わせてください。

<lora:svportrait64-v1:0.9>

設定する値によって、LoRAの適用度が決まります。
LoRAの開発者のオススメは、「0.8~0.9」ということです。

そして、トリガー・ワードは不要になります。

以上、Pixel Portraitの利用方法を説明しました。
次は、Pixel Portraitの動作確認を説明します。

Pixel Portraitの動作確認

Pixel Portraitの動作確認を行います。
利用するモデルは、以下。

  • DreamShaper
  • AnyLoRA

DreamShaperは、LoRA開発者のオススメとなっています。

もう一つのAnyLoRAは、LoRAを活かすモデルとして利用されています。
詳細は、次の記事で解説しています。

これらのモデルの比較結果は、以下。

プロンプトなどの条件は、同じモノを利用しています。
左がDreamShaper、右がAnyLoRAとなります。

結果を見てどうでしょうか?
優劣は、つけ難いと思います。

ただ、AnyLoRAの方がゲームっぽい印象を受けます。
その意味では、学習データ(ゲームと推察)を忠実に反映していると言えそうです。

以上、Pixel Portraitの動作確認を説明します。

タイトルとURLをコピーしました